車の事故や危ない目に遭ったら、それ以降の運転が何故か不安になったりしたことありませんか?

 

夜間の地方で民家が少ない場所、山間部など照明がほとんどない地域の運転はスピードも落とし緊張してしまいます。

 

それよりもっと気になるのが不安、イライラ、焦った心の日に運転をするのは危険、そう思うことはありませんか?

 

そんな運転をしては危険でダメな日の対処方をお伝えします。

運転してはダメな日を意識する

事故に遭ったり、危ない目にあった日の運転に共通なのがイライラと焦り、そして不安でした。

 

自己分析でこうなりました;

 

慣れた運転でも、イライラ、焦り、不安などの精神状態では正常な判断ができない

日頃と違う走行スピード、ブレーキタイミング、ハンドル操作&判断をしてしまう

何故か渋滞に巻き込まれたり、他の車に嫌がらせ受けたりする

最悪では事故の危険性もある

 

正常な普段とは違う気持ち、心が正常に機能してい時、精神だけが先行してしまい、体の反応が精神について行けない&遅れてしまうことに原因があると判断しました。

 

ほんのわずかな反応の遅れがトラブル、事故の元になります。

 

人間なら日々の生活で必ず経験するイライラ、焦り、不安はどうやって解消または和らげることができるのでしょうか?

 

そんなイラチ(せっかち&イライラ)な私はこうやって精神を落ち着けてからエンジンキーを回しています。

エンジンキーを回す前にすること

イラチ(せっかち&イライラ))な私が駐車場の車に辿り着くまで&乗りこんでからする方法です。

 

これらを誰に教えてもらった訳ではありません、、いつの間に身につけていた、、やってイラチを追っ払っていました。

 

  1. 無心で10秒ほど空を眺める
  2. 無心で目をつぶって深くユーーーックリした深呼吸を3回から5回する
  3. 車に触りながら「今日も宜しく」とつぶやく
  4. 車に乗って目をつむり、車の雰囲気を感じ、シート、ハンドルなどにユックリ触れながら落ち着かせる
  5. 落ち着いた自分を感じられたら、エンジンキーON

 

何かの儀式の様ですね? 

 

私だけの儀式かもしれません。

 

誰でも経験しているかもしれませんが、家を出るタイミングに限って一騒動ありませんか?

 

そんな一騒動 or 大騒動の精神のままで車を運転したら危険が危ない?です&でした。

 

もし、そんな精神のまま車を運転して、誰かを傷つけるようなことがあれば一生後悔するのは間違いありません。

 

じつは、もう1つ運転で気になる日があるんです。

運転してはダメな満月の夜

お前はアホかっ? オオカミ人間か?

 

そうも聞こえますが私は運転しない、ほとんど運転した記憶がないのが満月の夜です。

 

そんな満月の晩は田舎道も少し明るく運転しやすかったとしても、ダメです。

 

満月の夜は月のエネルギーが最大になり、我々人間の気分が高揚する、同時に緊張も高まる、つまり精神が安定しなくなります。

 

学術的に満月は、月ー地球ー太陽が一直線に並び、真ん中にある地球が月と太陽両方の引力で強く引っ張られことで潮の満ち引きや我々の精神にも強く影響する、そう書かれてあります。

 

実際に、満月の夜の事故率等は見ていなくても、昔のトラブルもあり気乗りしない、運転したくありません。

 

さらに夜間運転で、とても気になりだしたことがあります。

近眼は夜間視力が大きく落ちる現実

視力の良い人でも夜間になるとモノが見えにくくなるのは誰も同じです。

 

それが近眼なら、昼と夜の視力差は20%になると言われているのをご存知ですか?

 

近眼だから夜間視力が20%ダウン、さらにこんな状況が加わればどんどん見えなくなります。

 

夜に雨が降っている

街灯がない暗い場所

疲労が蓄積されておる時

車ライト性能(電球)が悪く前方が見えずらい

対向車の明るいライトで周りが見えない

 

私が中年でコンタクトもあり、夕方~夜の運転では路面が良く見えません。

 

対向車の強いライトに照らされていると、車線も周りも見えずに感覚で走っているようで怖い、そう感じるこの頃です。

車を運転してダメな日のまとめ

アナタは忙しく車を運転して良い日&ダメな日など気にしてられないのもあるでしょう。

 

そうであっても、イラチ(せっかち&イライラ)した精神状態のままで車は運転しないで下さい。

 

心を落ち着かせる儀式!?は1~5まで書きましたが、時間がなくても2の「無心で目をつぶって深くユーーックリした深呼吸を3回から5回する」、これはお願いします。

 

それだけでも乱暴な運転、危険運転は防げます。

 

さらに疲労、年齢、近眼、夜間、雨などの条件が全て加わることで、もっと見えません、危険が危ない状態になります。

 

従って、上記条件から運転しない日を設けることも安全運転でには必要になります。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー