エンジンオイル切れは危険!交換タイミングの症状と頻度:サムネイル

エンジンオイルは定期点検や車検がなければ交換しない、それはアナタだけではありません。

 

ドライバーの中にはアメリカ映画の様に、車のスピードが出なくなりボンネットを開けると煙がモクモクしていることでエンジンオイル切れを知った人もいます。※私が北米で経験しました。

 

そんな経験からエンジンオイルとタイヤは早目に交換するクセがついたことはラッキーだった、今でもそう思っています。

 

そんな昔の私と同じかもしれないアナタへ、2分だけで必要知識と最善の方法をお伝えします。

 

記事を正しいモノにするために、ロードバイク仲間である某外車ディーラー車検担当者にもアドバイスしてもらいました。

エンジンオイルは人の血液と全く同じ

エンジンオイルは人の血液と同じで少しずつ汚れ蒸発してしまい、最後は黒色のドロドロ状態になる。

 

人間であれば血液ドロドロの前に喉がかわき水を飲む、野菜も食べて調整すれば血液は元のサラサラ状態に復帰。

 

でも&しかし、エンジン自身ではエンジンオイルをサラサラにできません、減ったオイル補給も不可能です。

 

もしエンジンオイルのドロドロ状態が長く続けば、酸欠、失速、減少、そして最悪はエンジン火災となり、走行中の車両火災にもなりかねません。※煙の可能性は大

 

平成22年度は、エンジンオイル劣化&減少と見られる車両火災は163件も発生しました。※JAFデータより

 

最悪の車火災は別としても、その前提となるエンジンオイル劣化&減少はどうして起こるんでしょうか?

エンジンオイル劣化と減少の原因とは何か?

エンジンオイル劣化と減少の原因には意外なものが多くありました。

 

  • エンジンオイルはエンジン回転数や走行時間によって熱くなったり冷めたり繰り返すことで劣化する
  • エンジンが温まり切らない短時間運転はオイル劣化を加速させる
  • エンジンを動かさない時間が長ければ、空気中の水分がオイルに微量含まれることで劣化する
  • エンジンピストン運動から金属が微細に削れオイルに混ざり劣化原因となる
  • エンジンオイルが減るのは潤滑油として摩擦で減少、さらに一部分はエンジンの中にまでたどり着きガソリンと一緒に燃焼される

 

エンジンオイルの劣化&減少に関係する要素がこれだけ多くあれば、早目のオイル交換は必然となります。

 

もし遅いオイル交換、オイル不足ではどんな悪影響、症状があるのかを確認しましょう。

エンジンオイル不足が原因の症状とは何か?

車は喉のかわきを声にできないので、こんな症状が代弁をしてきます。

 

  • スピードが上がるまでに時間がかかる
  • いつもほどのスピードがでない
  • 燃費がハッキリ落ちる
  • エンジンから変な音が聞こえる(感じ)
  • エンジン回転数が普段より高くなる
  • オイル不足によりエンジン部品が摩擦で強く削れる
  • 最終的にエンジンが焦げる、焼きつく、壊れる、燃える

 

エンジンオイル用インジケーターのランプも赤く点灯しますが、その段階ではとてもオイルが減った状態、とても劣化した状態にある、そうご理解ください。

 

万が一にもエンジンが焼き付けば火災以前にエンジンは使えなくなる、修理不能、廃車になるしかありません。

 

そんな症状、サインが出る前にエンジンオイルを交換する必要があります。

エンジンオイル交換のタイミング

大切なのはエンジンオイルのインジケーター点灯前のオイル交換です。

 

基本は車メーカーのマニュアル指定のエンジンオイルを必ず使うことです。

 

さらに一番多いご質問では、何キロ走ったらオイル交換するのか? 

 

エンジンオイル交換時期は、この様にお考え下さい。

車メーカー指定かディーラー指定どちらが優先か?

例えば車メーカーのマニュアルには15,000キロでオイル交換とあり、ディーラーでは8,000キロでオイル交換を勧めてきたりします。

 

そのどちらも正解であり間違ってはいません。

 

車はしゃべれません、だから人間の血液にあたるオイルが少しでもドロドロと劣化していたら早目の交換が良い、そう理解して下さい。

 

私であれば、ディーラー指定の短い走行距離でのオイル交換を実施するでしょう。

 

本当はオイル交換毎にフィルター交換もすれば良いのでしょうが、私は2回のオイル交換で1回のフィルター交換としています。

 

そんなオイル交換頻度の詳細は次でお伝えします。

エンジン別のオイル交換頻度がある!

車走行距離でのオイル交換もありますが、エンジンタイプでオイル交換頻度を使い分ける必要もあります。

 

エンジンタイプ別のオイル交換例としては;

 

  • ガソリンエンジンで8,000キロのオイル交換なら、ディーゼルはススが多く出て汚れるので6,000キロで交換する
  • ハイブリッドのガソリンエンジン部分は使用比率が低くく、従ってオイル劣化速度が速くなる
  • 軽自動車はオイル容量が小さく、少しの運転でも熱を持ちやすい、オイル劣化スピードが早目になる、早く交換する

 

結論として、オイルインジケーターが点灯する前のオイル交換が絶対に必要、そして車メーカー指定ではなくディーラー指定またはカーショップ基準の早目のオイル交換が望ましい、そうなります。

 

今回の答えは、オイルメーカーまたはディーラー寄りとなってしまいましたが、言葉を話せない愛車には頻度をもったケアが必要、そうお考え下さい!

極端に短い走行距離のオイル交換はどうするのか?

その答えは、1年日1度は必ずオイル交換を行う、それしかありません。

 

車もほとんど動かしていないのにどうしてなのか?

 

それはエンジンオイル劣化が最も進みやすいのが「何も使われてない状態(滞留している状態)」、だからです。

 

まぁあ、そんな車のエンジンオイル全交換はモッタイナイ、そう思ってしまうのは誰も同じかもしれません。

 

私がその立場であれば、1年に1度の定期点検ではなく、カーショップで安くオイル交換をします。

 

そんな私の愛車であるN-WGNターボをどうしているのかは、まとめでお伝えします。

 

⇒ 大手中古車店ならエンジンオイル交換含む整備全般を納車前に実施する【無料検索】

 

では、まとめです。

エンジンオイル切れは危険が危ない!:まとめ

冒頭に書きましたエンジンオイル切れで煙モクモクの経験から、車の痛みを知りました。

 

そのモクモクした場所はアメリカの砂漠を横切る国道でした。

 

広大な無人エリアだったので、1時間ほど走り回りやっと見つけたガソリンスタンド!

 

スタンドの黒人店主からは、こう言われました!

 

お前、よくこんな状態でここまで走ってきたな!

ここに来る途中でエンストしなかったのは神様のおかげだぞ、ラッキーな奴だ!

 

そう怒られた、呆れられたのは今でもシッカリ覚えています。

 

日本なら、そんな目に遭うことが無いのは分かっていても、年に2回(半年に1回)のオイル交換は欠かしません!※軽でも走行距離多い方なので

 

それがアナタなら年1回のオイル交換でOKと考えます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー