年齢を重ねたり、体を悪くすると外出するのがおっくうになってきませんか?

 

特に冬や夏は電車やバスで出かけるのが辛くなり、ツイツイ家で独り過ごしてしまうこともあるでしょう。

 

趣味のロードバイク(派手な自転車)を走らせていると、車を持っているから釣りや昆虫採集を都市部から遠く離れたとこでやれているんだ、そう見えます。

 

ロードバイク仲間でも70才前後の人達の車有効活用は数人が誘い合って近県へアルバイト、ハイキング、暖かい季節は独りキャンプに出かけるも聞きました。

 

車さえあれば行動範囲が広まる、新しい人脈形成につながる、離れた場所でのアルバイトもできる、何でも可能になります。

 

もしアナタのお体に不自由がないのであれば、一番コストのかからない中古軽自動車を持つことをお勧めします。

 

⇒関連記事「定年後の居場所を軽自動車にする理由とは?」

⇒関連記事「年金受給者の車ローン購入条件。これしかない!」

知らない場所と人が人脈形成になる

もし車がなくても、知らない町や人と出会えることろに出かけることは新たな人脈形成につながります。

 

人付き合いが面倒&苦手な私もロードバイクを始めてから多くの新しい人達と遊ぶようになりました。

 

そこから多くの情報をもらって得をすることもあります。

 

つまり、もしロードバイクを始めていなければ新しい人達にも出会っていない、有益な情報も持っていないナイナイ状態のまま。

 

ロードバイクには軽ワゴンが必需品なので中古購入しましたが、それ一台で独りキャンプでも誰かを迎えに行くなど24時間いつでも役に立ち過ぎるほど便利です。

家族を頼りにする問題点

日本人は近くでも離れていても家族をメインに考え頼ってしまいます。

 

これが欧米なら遠くの家族より、近くの友達になんでも相談し頼ります。

 

日本人の孤独死が多い原因はここにもあると考えます。

 

そうであれば趣味やアルバイトなど遠いところへ出向き新しい人達と言葉を交わす、やがて誰かと友達になる、その中の1人でも友人と呼べるようになればラッキーとなります。

 

もし車があれば、自分の行動範囲を大きく広げられる、それも時間を有効に使いながら可能になるのが最大メリット、それしかありません。

 

しかし、所有する車が中古の軽自動車であっても、税金、ガソリン、駐車場、車検、メンテナンス部品など維持費が必ず発生します。

 

そんな費用をペイさせるだけの利用価値を車に与える必要があります。

もしも車があったらの計算

アナタのお体に問題がないと仮定すれば、車購入費用と維持管理費用をペイさせる利用方法を考えてください。

 

AからBを引いてもマイナスになれなければ車を買えます。

 

  • Aには車保有予定期間を6年間とするのなら、それらを1/6の1年分に見立てた車購入費用、任意保険、税金、ガソリン、駐車場、予想修繕費用(パーツ交換含む)、車検代金を設定
  • Bには車があることで使わなかった交通費+便利代金+楽しめた代金+遠くのアルバイトで稼げた収入などを設定

 

この引き算をしても答えが+であれば良しとする、そうお考えください。

車の用途を提案する

家で過ごす時間が長くなればなるほどに精神が病んでしまいます。

 

精神が病むとは精神病ではなく、やる気、気概、欲望が少しずつ失せてしまうこと。

 

そうなれば孤独死につながる可能性も考えなくてはなりません。

 

ダメです!

 

もし乗り出し値段30万円の車に車検1年ついていれば、1年間は車でこれらが可能になるでしょう。

 

  • 好きな本を読む
  • 感情を開放する(たまに叫ぶ)
  • 何かアイデアを考える
  • 完全個室での仕事電話が以外にはかどる
  • 独りコーヒーでリラックス
  • 仮眠する
  • 景色か空気の良い場所まで走らせリラックス
  • 独り酒を飲む(運転開始は酔いがさめたら)
  • 万が一でも数日間は車に居れる(マジメです)
  • 天気が悪い日でも家から出られる
  • 遠い町へ出かけて人脈形成、友達作り
  • 少し遠い場所のアルバイトに出かけられる

 

車さえあれば全てが可能になります。

 

アナタが昔に保有していた車は仕事や家族の為にありました。

 

今はアナタの為に車があれば、人生は新たな広がりを見せてくれます。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

孤独死を防ぐ車のまとめ

人生の各段階で必要なモノや人が有効なタイミングで存在しなければなりません。

 

現実はそうなりません。

 

そうであれば、必要なモノも人も自分の意思と力で手に入れることです。

 

家に居ては無理でも、いつでも外に出れる手段があれば可能になります。

 

少なくとも私や周りの大先輩達はそうしてます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー