アメリカから中古車を輸入する方法「海外の車はお得か」:サムネイル

アメリカから中古車輸入をしようとお考えの方は少ない、それを分かりながら記事を書きます。

 

アメリカ西海岸、ロス・アンゼルスで日本へ中古車輸出している友人に全て!?教えてもらいました。

 

そんな彼は15年以上も前から、お客様の要望による中古車探し、そして日本向け輸出をしています。

 

記事の着目点は、海外の人達(アメリカ人に限らず大陸系の人達)に共通でも、日本では「えっ、嘘でしょう」の部分です。

 

島国に住んでいる日本人が大陸人たちとは大きく違う人種なのもお伝えします。

 

それお伝えできるのは、私が欧米各国に6年ほど住んだ経験によるモノです。

 

極東の小さな島国、この日本に住む我々は欧米人=大陸人達)と比べとても変わった人種だった、それも知って下さい!

 

まずはアメリカ現状を友人のコメント+「車の買い方【119番】」私見でお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

広大なアメリカは全てが大きい!

アメリカは基軸通貨ドルを持つ人口3.3億人の巨大国家、国土は日本の50倍以上、人口密度は日本の1/20かもっと少ない。

 

だから、土地の値段なんて有って無い様なモノなんです、特に田舎では!

 

日本の様に土地が高いのはニューヨーク、ロス・アンゼルス、シカゴ、マイアミなど超大都市に限定されます。

 

それでも土地の価格は、日本の大都市の数分の一以下だと考えます。※半分は個人の意見

 

日本国土の75%以上が山岳地帯なので、アメリカの平らな土地=有効土地面積は日本の100倍以上、数百倍あるかもしれません。

 

従って、それ程に広大なアメリカは東海岸から西海岸までは4つのタイムゾーン(時差)があります、こんなふうに。

 

  • 東海岸標準時が朝8時なら
  • 中西部標準時は朝9時
  • 山岳部標準時は朝10時
  • 太平洋標準時は朝11時

 

と・に・か・く、アメリカは広いんです。

 

そして世界で一番強い経済&広大な国土を有する、郊外で土地を買えば1坪(換算)数百円や数千円であり、家の建設費用も安い。

 

アメリカは住宅ローン払えなくなっても家を放棄さえすれば債務ゼロになる、そんなノンリコースローンなので安心!?

 

従って、日本の様に家を手放しても、ローン残債支払に追われることなどあり得ない、それがアメリカなんです。※日本はリコースローンなので家を手放しても残債に対する支払がぁあ、です。

 

さらに!?移民政策によって、現在でも毎年約70万人~100万人が移民している&人口が増え続けている、それがアメリカなんです。※コロナで移民減少及び一部中断している

 

おまけに!?、労働賃金もどんどん上昇している(日本以外の国々でもそうです)、それがアメリカなんです。

 

ちなみに2020年12月のアメリカ平均労働賃金は約26ドル / 時給でした!

 

そんなアメリカでも超大変な現実がぁあ、それは記事最後でお伝えします。

 

基本的なアメリカ事情をお伝えした直後ですが、さっそく中古車の見つけ方からスタートしましょう。

中古車をどこでどう見つけるのか?

LAのTVやネットでは中古車CMが異常なくらい多く、いつ訪れても驚いてしまいます。

 

それだけ車社会、何をするのにも車が前提&必要な国であるのは間違いありません。

 

そんな中古車購入&仕入れは店舗からがメインです。

 

次いで盛んなのが個人売買です。

 

LAに限らず個人売買メジャーサイトでは日用品から車、家など誰もが熱心にチェックしています。

 

e-bayも個人間取引としては一般的です。

 

どうして個人間で車売買されるかと言えば、価格の安さしかありません。

 

中間マージンが無いので、買う人は安く買える、売る人は高く売れる、それです。

 

でも&しかし、アメリカの個人間取引にはこんなリスクが存在しています。

個人間取引の問題点とは何か?

LA在住の友人から聞いた「よくあるトラブル」です。

 

  • ネットサイト購入した車売買書類の名義は所有者になっていても、実際は銀行抵当に入っていた

  • 銀行へ出向いて残債支払&抵当権解除をしなければ車は手に入らない

  • 抵当権解除しなければ、車両登録はおろか公道も走れない、輸出も不可能となる

 

日米に関係なく、安くモノを買うのにはリスクが存在している、そう実感するお話でした。

 

そんなリスク中心は人をだますこと、、です。

 

私はLAで4年間ほど生活しましたが、車購入でダマされ、事故でもダマされ、アパート契約でもダマされ、いつもアーレーでした?

 

まぁあ、世間知らずのおバカだったのかもです。

 

そんなアメリカで学んだのは、日本人が一番優しい(他人をケアする)、それです。

 

特に外国から来た人たちに優しい日本人、それです。※たまに例外もあり in Japan !?

 

次はヤフオクの様な個人間取引  in Americaお伝えします。

個人間取引の問題は日米共通だった!

ネットの個人間売買で安く車を買おうとしても日米で似たような問題があります。

 

アメリカの個人売買には「購入時には as is で売る=今の状態で売る」があります。

 

売る車の現状&詳細をサイトアップし、その条件ならいくらいくらで売る、それがas is で販売する意味です。

 

従って、購入後にどんな問題が起きても売り手は一切の責任を持たない、それが販売条件となります。

 

これって日本のヤフオクふくめ個人売買ルールと全く同じです、少し危険です。

 

しかし、中古車を実際に見れたり試乗できる距離の個人間取引ばかりではありません。

アメリカの中古車運送方法がスゴイ!

アメリカが広いく西海岸LAから東海岸ニューヨークまで飛行機を使っても約6時間もかかります。

 

それを距離にすれば約6,000キロ、すご過ぎです。

 

だから4つもタイムゾーンがあるはずです。

 

従って、もし気に入った車が2,000キロ離れた州にあって見られなければ、相手がネットに書き込んだas is だけを頼りに購入するしかありません。

 

もしコロラド州で気に入った車があっても、コロラドとLAは約1,600キロ、車で15時間以上もかかり運送トラック代だけで1,500ドル。

 

手間とコストを使った時に限ってas is ではない車が届くそうも友人から聞きました。

 

そんな問題で売り手側が必ず口にするのが「こっちに車があった時は何も問題ありませんでしたよ」、だ、そうです。

 

「車の買い方【119番】」でも「ヤフーオークション車売買」の注意点を書きました。

 

それは、ご自身で車を直接受け取りに行ける距離の取引相手に限定するそれしかりません、それがとても重要です!

 

どこの国であっても個人間取引には注意が必要なのは共通なんです。

 

個人間取引で保証が一切されない車を安く買うのか、それとも少し高くてもお店で長期保証の中古車にするのか、それが問題です!?

 

アメリカで一番売り上げを伸ばしている中古車チェーン店があります。

 

そこでの売りは「値引は少なくても、売却前完全整備と購入後保証をする」です。

 

安いか高いかの判断がムズカシイ中古車なら、安心に直結する保証を前面に出すことで成功しています。

 

⇒ 日本最大手ガリバーで174項目もある保証内容を確認してみる【検索&利用無料】

 

そろそろ中古車輸出の実技編お伝えしていきます!

日本向け注文車をどこで見つけ購入するのか?

顧客から注文された車をどこで見つけ、仕入れるのか、それをお伝えします。

 

答えは当たり前でも、中古車店や個人売買サイトで車を見つけます。

 

もし、ダッジチャージャーのビンテージお探しのアナタなら、車種、年式、カラー、金額等の条件を現地の車専門輸出業者に伝えれば探してくれます。

 

特にクラッシックやビンテージ車なら、現地の車コレクターから直接購入する方法しかありません。

 

アメリカで販売された日本車なら(左ハンドル当然ですね!?)、中古車販売店から購入します。

 

その場合も大手中古車店で購入すればカリフォルニアの消費税9%が輸出用として免除される、だからお得になります。

 

消費税9%免除には、船便で使用するB/L(船荷証券)を中古車店へ提示するだけOK。

 

そろそろ車を日本へ輸出する港へ運びたいところでも、もしもの修理があればLAで必ず済ませておく、それは約束事です。

 

どうして輸出前にLAで修理をするんでしょうか?

 

日本で修理したとすれば、何がどう問題なのでしょうか?

北米の車修理コストは日本の1/2や1/3

買い付けた車が日本車(左ハンドル)であれ、アメリカ車やドイツ車であれ、現地、北米で必ず修理を済ませます。

 

理由は修理費用が日本の1/2程度どろろかもっと安いからです。

 

それがタイヤなら4割~5割ほども安い、修理部品なら1/3や1/5、若しくは1/10の値段かもしれません。

 

つまり、日本だけが整備費用も部品代金も異常に!?高いだからLAでの修理となります。

 

加えて日本の自動車税関係、車検、ガソリン税なども驚くほど高い、それは間違いありません。

 

おまけに日本の高速道路料金は世界最強なんです!?
※記事下関連記事参照:「日本の高速料金が世界一」

 

従って、日本へ輸出する前に修理を済ませておく、それは輸出業者のお約束事なんです。

 

それでも日本で修理しなくてはならない場合いは、次を参考にしてください。

日本での修理なら高額パーツを個人輸入する

私も2回ほど利用したので、誰にでも使えるオートパーツの個人輸入方法です。

 

グーグルで「auto parts」と検索します。

 

欧米の有名オートパーツショップが1ページ目に現われます。

 

そこで車種、年式、モデル、部品名(番号)をたどりながら必要な部品を見つけてクリック。

 

あとはクレジットカード番号入力、FeDEX、DHL、郵便など輸送方法を選択、そしてアナタの住所を郵便番号から入力すればOK。

 

約1週間で格安部品が届きます。

 

届いたパーツを整備工場に届けて「よろしくおねがいします」、です。

 

そんな海外部品発注に必要な部品番号などはディーラーや整備工場で教えてくれますが、お土産は持参しなくてはなりません。

 

次に買い付けた車を輸出する港まで運送します。

北米内の車両輸送方法と関連費用

アメリカ映画にある様な大型トレーラーで車を陸送すると、距離によって800ドルから1,500ドルの運賃が必要にまります。

 

もし車買い付けが東海岸で行われ、西海岸まで運ぶのであれば直線でも6000キロ以上あります。

 

その運賃がたった1,500ドル前後なら格安と感じませんか?

 

日本の陸送コストが高いから安いと感じるのかもしれません。

 

車買い付け代行に頼めば、車を積みこむコンテナ船出港まで車を無料で預かるとも聞きました。

 

もし料金がかかるとすれば、陸送トラック手配&書類作成で少し必要になります(金額未確認)。

 

やっと船積み段階まできました。

現地の船積み注意点とは何か?

もし買い付けた車両から何かの液体が漏れていたら船に乗せられません&出港できません、即降ろされます。

 

コンテナ船予約をして車を積みこんでも、降ろされます。

 

漏れたのが水でも、ウォッシャー液、オイル、ガソリンに問わず液体が車から漏れていたら船から降ろされてしまいます。

 

それを防止するには、問題になりそうな部分に使い捨て紙おむつ、バスタオル等をあててガムテープ補強すれば大丈夫です。

 

ちなみに、出港した後で何かしらの液漏れがあっても降ろされません、降ろせません出港した船からは。

 

アメリカには日本の様な車検制度がないので、そんな液漏している中古車がとても多いともお聞きしました。

 

従って、輸出する中古車の下にもぐって何も液漏れが無かったとしてもオムツは絶対だそうです。

 

何故アメリカ製の紙オムツはそんな大きいのでしょうか!?(余談でした)

西海岸ロングビーチ港から東京港までの運賃

西海岸のLAロングビーチ港から東京、横浜、名古屋への船賃は1,500ドルです。

 

その船が面白いのですが、日本車メーカーがロングビーチ港へ大量の新車を届けた帰りの空荷船を使います。

 

船内で輸出する中古車ボディーにキズが付いたり、トラブルになったことが過去に一度もない、そうも聞きました。

 

やはり日本船籍で日本人乗組員がいるから車の扱いも丁寧なのかもしれません。

 

西海岸からの車輸出はとても安全&安心だそうです。

 

さて、やっと日本の港に到着しました。

日本の港に到着したらどうするの?

日本での通関検査に約10万円ほどかかります。

 

輸入関税はゼロ円ですが、消費税はかかります。

 

ここで友人にアドバイスをもらいました。

 

過去に日本で輸入したことのない車種だと、一からのデータ提出や検査で50万円以上かかる場合いがある、そう教えてもらいました。

 

そんな新規データ必要な車は初めから除外するしかありません。

 

それ以外の一般的車なら、輸入車専門に通関する業者の乙仲(おつなか)がどこの港でもいます。

 

従って、一般車の輸入通関は簡単に行えます。

 

友人に聞いたところ、個人でビンテージカー輸入してバリバリ走る年配の方もいらっしゃるとか・・・。

 

そろそろまとめの時間ですが、実務話ばかりだったので余談です。

浮浪者でいっぱいのLA!?

友人はもう15年ほどLAで仕事をしていますが、昨晩のメールに少し驚きました。

 

  • 「LA市内にどんどん浮浪者が増えて大変だ」
  • 「路上生活者達はみんな若く一見して路上やテント暮らしに見えない服装なんだ」

 

確かにLA市内は高層ビル建設ラッシュ、高級レストランは予約で一杯、高級ドイツ車やイタリア車など沢山走っています。※去年にその光景を見ました。

 

それが景気の良い証拠とも言えますが、経済ピラミッド構造でトップの1割や2割が裕福なのは昔も今も変わりません。

 

でも&しかし、経済ピラミッドのボリュームゾーンである中間層が一番広い底辺に移動した、みんな貧しくなってしまった、それがアメリカ経済の実態なんです。

 

2021年のアメリカなら、大学卒業しても文系なら仕事ありません、就職もムズカシイ若しくはできません。

 

新卒で就職可能なのはビジネス専攻の学生、それも実践で直ぐに使える勉強を学んだ優秀な学生限定、それが現実です。※今の日本もそうなりつつあります。

 

だから多くの学生がIターン(アイターン)で実家に戻り親元で生活する人がとても&とても多くいます。

 

そうであっても、仕事が無ければ借りた奨学金も払えない、自己破産しかありません。

 

それら増え続けている浮浪者達は、リストラや卒業しても就職できない&奨学金返済もできない、自己破産者になる、そんな人達が中心です

 

日本だけじゃなくてアメリカも厳しい、世界中どこもみんな同じなのかもしれません。

 

次に、日本人がどれだけ特殊な人種であるのか、それを知ってください!

極東の島国育ちだから日本人だから何なの!?

大昔から狭い島国で育った日本人、だから縄文時代から同じ村や近隣部落の人達とも仲良くしないと生きていけなかった。

 

だからでしょうか!?

 

人に優しくする、周りの人達との調和を保つ、人や周りに気を配る、調和を乱さない、だから優しい日本人なんです、、でも超疲れますが!?

 

それが大陸の欧米人なら日本人とは全く違う行動パターンとなます。

 

何がどう違うかのと言えば、他人より自分を優先する、それもかなり強くそうします。

 

理由は、自分が一番大切だから、それしかありません。

 

でも&しかし、それって自分に正直な行動であり、自然な生き方であるとも言えます。

 

人間は自分に正直に生きられれば心が楽になる、必要以上のストレスやプレッシャーを感じません。※個人の考え含む

 

それが欧米人です、少なくとも私が住んだり滞在した欧米各国の人達は皆そうでした。

 

従って、欧米人と同じ様な思考と行動パターンで生きるのなら、日本人の私でもそこそこ疲れないで生きられる、そうなります、そうしてました。

 

少なくても私はYESとNOをシッカリ伝える欧米式を途中採用したので、自己主張する自分に変身できました、、あまり疲れないで楽にいらる様になれました!?

 

そんな中、フィンランドでは欧米式の思考&行動パターンにはなりませんでした。※フィンランド在住1年の経験より

 

理由は、フィンランド人と日本人が少し似ていたから、強い自己主張を必要とする人種ではなかった、だからです。

 

でも&しかし、フィンランド人はお酒が大好き、大酒飲みがとても多かった、だからある意味においては超大変でした!?

 

お酒で思い出いことがあります。

 

フィンランドでは、どんな高級ホテルのラウンジやバーであっても、たまに「バサッ、バタッ」、そんな音が聞こえるんです。

 

なんと、その音の正体は、人が飲みつぶれて椅子から床に落ちる音、それでした(笑)

 

でも、そんなフィンランド人は日本人に興味がある、そして大好きなんです。

 

それがバーでもレストランでも、た酔った人達に「日本神道を語れ」、そんな経験は度々でした。

 

どうしてフィンランド人が日本に興味あるのかと言えば、こうです。

 

フィンランドはその昔、ロシアの属国でありとても苦しんでいたそうです。

 

そんなロシアの属国から独立するきっかけになったのが日本だったんです。

 

あの東郷元帥が率いる日本海軍がロシアのバルチック艦隊を破った、戦争に勝ったからなんです。※1904年(明治37年)のことです。

 

だから、今のフィンランドがある、その歴史を彼ら彼女らは信じ、日本に感謝し続けていると言う訳なんです。

 

だから、フィンランド人は日本が日本人が大好きなんです。

 

思い出せば、あの頃はフィンランド女性にもてたなぁあ、、、

 

余談はこの辺にします。

 

⇒ 日本最大ガリバー500店舗で気になる中古車を確認してみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

海外からの中古車輸入は超カンタンだった!:まとめ

普通に中古車輸入するお話だったので、つまらなかったかもしれません。

 

そうであれば申し訳ありません。

 

アメリカは車も安い、ガソリンも安い、修理パーツも工賃もとても安い、そんな車天国なんです。

 

アメリカもカリフォルニア州なら海岸線は日本の長さ程もあり海側から内陸の山側へも相当な距離があります。

 

だ・か・ら!?、海風で車がサビルなど聞いたこともありません。※個人の在米経験より


想像するに海風吹いていても、それが拡散される範囲が広い、だから車に影響ないのかもしれません。

 

日本は狭く海風はスグに山間部に当たって跳ね返される&平地に滞留する!?、だから錆びるとも考えられます。※茅ケ崎では車のサビは軽検済です。

 

そんなLAには古くても良いコンディションの車が多くあります(走行距離は別として)。

 

一度、そんな中古車販売や個人売買のサイトをご覧になれば良い車が沢山ある、それが分かるでしょう。

 

しかし、車の売買では大陸思考なのかYes or No社会だからなのか平気でウソをつく人がいます。※個人の車購入で3回ウソにやられました・・・

 

島国育ちの日本人であれば、自分の利益70%としても相手の利益30%は考える国民性ではないでしょうか!?

 

そう考えれば日本での中古車購入が少々高くても、シビアと言える程の駆け引きやウソがないので安心かもしれません。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

⇒ 関連記事「日本の高速料金が世界一」

⇒ 関連記事「並行輸入の左ハンドル日本車は個人輸入するしかない!」

⇒ 関連記事「ヤフオク中古車購入に必要な注意点はこれだけ!」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー