車の本や番組で必ず使われる専門用語「アンダーステア」「オーバーステア」が分かりません。

 

昔の私も誤って理解していた言葉が、アンダーとオーバーステアなのを急に思いだしました。

 

車専門誌も車番組解説者も説明なしに使っているのも気になっていました。

 

記事にする内容ではありませんが、これが正しいアンダーとオーバーステアの意味です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

英語の意味を誤解していた

アンダーステア(understeer)とオーバーステア(oversteer)は一定円旋回で車の動きを説明する言葉です。

 

それが本当の意味なのに、単にハンドルが切れる、切れない、それでしか理解していなかった時期がありました。

アンダーステアの動きです

 

  1. ハンドルの曲がる角度を一定にし、円を描きながら走ります
  2. アクセルを少しずつ強く踏んで速度を上げていきます
  3. 旋回走行する円の軌跡が徐々に大きくなる、大周りになっていく

 

これがカーブを曲がりにくいアンダーステア状態です。

 

FF前輪駆動車はフロントタイヤが駆動するので、アンダーステアとなります。

オーバーステアの動きです

 

  1. ハンドルの曲がる角度を一定にし、円を描きながら走ります
  2. アクセルを少しずつ強く踏んで速度を上げていきます
  3. 旋回走行する円の軌跡が小さくなる、円の内側に向かっていく

 

これがカーブを曲がりやすいオーバーステア状態です。

 

FR後輪駆動車はリヤタイヤが駆動するので、オーバーステア気味になります。

 

ベンツ、BMWなどの高級車はほとんどはFRです。

 

理由は曲がる時に後輪に遠心力がかかるので自然に曲がりやすくなるからです。

 

ここで、「ちょっと待て」「説明が変じゃないか」、そう聞こえました。

 

次で完璧にお答えします。

速度上げても円の軌跡が小さくなる?

オーバーステアで速度を上げれば旋回している円が大きくなることはあっても、小さくなるなんてあり得ない。

 

もし旋回する円を小さく周るには減速するしかない。

 

そう私を含めて誰もが考えてしまいます。

 

実はこれら理由で、一定円を旋回するオーバーステアの車が円の内側に向かっていきます。

 

  1. 速度アップでは円をふくらませながら大きく旋回しだす
  2. 同時にタイヤグリップが徐々に失われ始める
  3. 車の向きが変わり始め、円の中心へ向かい始める
  4. 車全体とタイヤに大きな角度がつき、走行抵抗が増大する
  5. 大きな走行抵抗がブレーキとなり速度が落ちざるを得ない
  6. 円の内側へ向かうオーバーステアとなる

 

いかがですか?

 

アンダーステアとオーバーステアの違いを理解してもらえましたか?

 

まあ、理解したとしても車の動きはムズカシ過ぎる?

 

そう思うのはアナタだけではありせん、私もでした。

アンダーとオーバーステアまとめ

アンダーとオーバーステアのどちらが良いのか?

 

その話になるとプロでも激論が交わされるテーマです。

 

簡単には前輪駆動のFF車ならアンダーステアとなり初心者向けとされています。

 

理由は、FFの高速コーナリングでは駆動する前輪が絶えられなくなると、外へ外へと引っ張られてコースを外れてしまうからです。

 

後輪駆動のFRはFFの逆となり、高速コーナリングでは車が内側に向かってしまい、最後はスピンします。

 

そんなスピンするほどの遠心力を上手に制御しながらキレイに曲がるのがFRの高級車なんです。

 

しかし、普通のFRでスピンを防ぎながら姿勢を立て直す、それには特殊なハンドル操作が必要になります。

 

一般的に雪国の車なら4WDと思われがちですが、実際はFF車がとても重宝されているのもアンダーステアが理由かもしれません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー