マツダCX-8はファミリーカーに最適!スライドドアでないのが欠点:サムネイル

発売から4年近くても(2017年12月発売)マツダSUVのCX-8人気はどんどん上がっています。

 

でも&しかし、ミニバンはその真逆の動きをしているのを存知でしたか?

 

理由は、SUV使い勝手の良さ安全性能が向上している、それしかありません。

 

アナタの車選びの参考になる内容を2分でお伝えします!

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

マツダCX-8はファミリーカーに超最適だった!

SUVで3列シートを持つCX-8は完全に世界市場向けの車です。※同じホイールベースのCX-9が2016年から欧米に輸出されています。

 

そして日本製ミニバンは正規ルートでは一切輸出されていません。

 

もし、ミニバン輸出があるとすれば中古車ルートだけです。

 

従って、世界最大市場アメリカヨーロッパ日本製ミニバンは正規輸出されていません。

 

正規輸出されなかった理由は、安全性に問題があったからなんです。

 

どんな安全性問題で輸出できなかったのでしょうか?

危険なスライドドアの問題点とは何か?

ヒンジドアとはセダンやステーションワゴン、SUVで見られるヒンジ(ちょうつがい)で外側に開閉するドアを指します。

 

スライドドアとはボディーに並行して滑って開閉するドア。

 

欧米ではだいぶ前から、スライドドア車は生産されていません※商業車除き

 

理由は、ボディ剛性を弱める&重い、万が一の事故では大きく重いスライドドアが開き&外れ乗員が死傷する場合ある、だからです。

 

そんなスライド式ドアでは、これら問題があります。

 

  • ドアの取り付け方法とロック部分が衝撃に弱く事故で外れ易い
  • ドアの重さが100キロ近いものがある
  • 前面衝突ではドアが車の後ろ側に強く引っ張られ開いてしまう(ロックが弱くドアが重いから)

 

これらが各国の交通事故調査で判明し、スライドドアはなくなりつつある、ほぼ消滅しました。※商用車除き

 

事故ニュースでは、交通事故でミニバンのスライドドアが大きく開いていたり、ドアがスライドレールから外れ落ちている映像を良く見たことはありませんか?

 

あれが危険なんです、とても!

輸入されるスライドドア車は安全なのか?

輸入されているスライドドア車は、ベンツ超大型ワゴンのVクラスしかありません。

 

えっ、ベンツが危険なスライドドアなの?

 

そう思われるでしょうか?

 

ドイツやEUでのベンツVクラスは完全な商用車なので仕事に便利なスライドドアのままなんです。

 

スライドドアは大きく分厚い造り、手動で開ければ重くて超大変なのはベンツディーラーで確認しました。

 

そんなスライドドアは頑丈で100キロもある、だからこそ安全性に寄与しています。

 

万が一の事故でも大破しない丈夫さ、事故で開かないように鋳造や鋼材削り出しで作られた大型ドアロック、さすがベンツです。※鋳造=合金を溶かし金型製造する

 

日本製ミニバンのドアロック部分を見ると分かりますが、プレス金属製なので小さくて薄くて弱そうそれが見てすぐに分かります。

 

だから、、もしもの事故では開いてしまう、外れてしまう場合があるんです。

マツダがスライドドアを生産しない理由とは何か?

マツダのCX-8を開発した人とのコメントです。

 

  • スライドドアはボディ剛性面でスゴク不利な構造
  • 各世界市場の衝突安全性をクリアし、かつ欧州などに通用する安全性能をスライドドアで確保しようとすると重量面で大きなハンディがある

 

マツダはスライドドアの便利さと人気を捨てて、世界で通用する安全性能を選んだことになります。

 

だからSUVのCX-8は3列シートでも、大きく外に開くヒンジドアなんです。

 

CX-8のヒンジは大きくシッカリしています!

最新CX-8情報にいろいろ驚く!

数年前の記事ですが、2018年1月の日刊工業新聞が伝えています。

 

  • 2018年1月15日時点でのCX-8受注総数12,042台
  • 2017年9月受注開始から4カ月間で月間販売目標1,200台の10倍にもなった
  • 顧客層は30代以下の若年層が40%
  • グレード別受注数はLパッケージ42%、プロアクティブ52%別
  • 人気の理由は、高いデザイン性、走行性能、アイ・アクティブの安全性

 

更に、2018年1月~12月のSUV販売台数No.1(マツダ資料より)。

 

データでは若年層ユーザーが多く、今後さらに大型ミニバンからCX-8をファミリーカーにしつつあることが予想できます。

 

CX-8はヒンジドアであっても、開口部が80°も大きく開くので乗降りしやすい車です。

 

狭い場所ではミニバンのスライドドアの方が便利でも、CX-8ユーザーは人を強く守ってくれる高剛性ボディと最新安全装置の車、そうなります。

 

CX-8ユーザーは豪華さより実を取った、そう考える私です。

最近になって分かった安全装置問題とは何か?

CX-8が冬用タイヤに履き替えようとして分かったこと

 

CX-8はコンピューターのかたまり、各種センサーが張り巡らされてありますが、その中に「アクティブボンネットシステム」があります。

 

このシステムは衝突時に歩行者被害を最小にするためにボンネット&フロントバンパーがエネルギー吸収するシステムであり、CX-8全車標準装備。

 

アクティブボンネット正常作動条件は「4輪とも同一のメーカー純正ホイールと指定サイズタイヤを使用する」となっています。

 

つまり冬用(交換)タイヤとして市販スタッドレスのサイズ違いを履かせると、アクティブボンネットが作動しません、それってアーレーです!?

 

そんなアーレーが問題になっています。

 

冬用タイヤ、スタッドレスタイヤをCX-8に履かせて、アクティブボンネットを正常に作動させる方法はこれらです。

 

  • マツダ純正ホイールを必ず使用する
  • 履かせるタイヤサイズはメーカー指定のまま

 

もし夏用タイヤと冬用タイヤを同じメーカーホイールで使うのなら、タイヤの付け外しが必要です。

 

タイヤ付け外しが面倒なら、メーカー指定ホイール4本を新たに購入するしかありません。

 

マツダの取扱説明書にはこうあります。

 

  • 取扱説明書の指定サイズにおいて、4輪とも異常摩擦していない同一指定サイズタイヤを適正な空気圧で使用すれば、純正ホイール&タイヤでなくてもアアクティブボンネット作動には影響しないことが検証できている
  • ただし、燃費、NVH(騒音、振動)、乗り心地、操縦性、ブレーキ冷却に影響がないことを保証するものでは無く、純正を引続き推奨することに変わりはないが、純正と同サイズホイール及びタイヤであれば、純正以外のものも使用することが可能

 

本当に回りくどい説明ですが、リスク回避にはここまで書く必要あるんですね?

 

要は、純正ホイールと指定タイヤ以外ではアクティブボンネット作動保証はできません、マツダはそう言っています。

 

メーカー指定タイヤを履かせれば良くても、そのタイヤが一般的であると同時に安いかどうかはチェックが必要です!

 

でも&しかし、メーカー指定ホイール4本購入だけは許してください、、、ですよね!?

 

上記はとても大切なことなので、車購入前にディーラーに問いただして下さい!

やっぱりCX-8はスゴイ!

CX-8記事をアップするのに最適な状況になりました。

 

先日に試乗したディーラー営業マンから「その後、いかがですか」の営業電話あり。

 

3月末本決算もあるのでしょうが、再度の試乗が可能になりました。

 

前回の試乗で気が付かなかった&再認識した内容です。

 

  • 車内の樹脂素材、シート(皮)、ハンドル、スイッチ類など全て質感が高い
  • パーツとパーツの組み上げもピッタリで密度が高い、
  • 質感の高い内装が高級感につながっている、
  • 車外の音がシッカリ遮断されている、
  • 1000万円は言い過ぎでも、600万円以上のドイツ車を思わせる走り、
  • CX-8はドイツで走っても問題なく使える※超高速走行含め

 

やはりスゴイ車だと再認識しました。

 

まだ、そんな多くないCX-8中古ですが、もっと出てこないかなぁあ、そう思ってしまいました。

 

どうしてそう思ったのかと言えば、中古で安くなったCX-8が欲しいからです。

 

⇒ 日本最大500店舗のガリバーで中古CX-8価格比較をしてみる【検索&利用無料】

 

次は、CX-8がディーゼル選択した理由です。

CX-8をディーゼルにした本当の理由

マツダは会社理念を表す言葉に「well to wheel燃料採掘から車両走行まで)」を良く使います。

 

原油採取 ⇒ 輸送 ⇒ 精製 ⇒ ガソリン&ディーゼル ⇒ 車に給油され走る、その流れを表しています。

 

それら工程の中で発生する二酸化炭素をどう削減できるかを突き詰めた答え、それがディーゼルエンジンでした。

 

これらがマツダの得た答えです。

 

  • EVに使う電気を石炭発電すれば、電気供給段階で発生する二酸化炭素量はガソリン車よりも多い
  • ディーゼル車はガソリン車より二酸化炭素発生量が少ない
  • ディーゼル車の軽油エネルギー密度は、EVのリチウムイオン電池を約40倍ある
  • 軽油はガソリン精製過程で余剰品として必ず生産される(安い)
  • 軽油や石油含めEV電池コストより安い

 

マツダの結論は、「ディーゼル車はEVより環境問題に貢献できて経済的である」でした。

 

EVを考える前に、今ある化石燃料を突き詰める「スカイアクティブエンジン」はスゴイ、それしかありません。

 

⇒ 発売から4年近くになる中古CX-8価格をガリバーで確認してみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

マツダCX-8はファミリーカーに最適は本当なのか!:まとめ

昔のMPVに乗っていた頃は、室内の広さとどんな狭い駐車場でも後ろのスライドドアから降りられたことを覚えています。

 

でも&しかし、CX-8の開発者コメントやディーラー営業マンのトークから、SUVヒンジドアの安全性能が分かりました。

 

ミニバンの手軽さ便利さよりも、安全性能、命を選ぶ、そんな時代をマツダは考えています。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー