車を買い替えるタイミングは車検が近づいてきた、、だからではありませんか?

 

車検見積もりが予想外に高い場合は、車売却ふくめ考えてしまうのはアナタだけではありません。

 

もし、車検でディーラーに伝えるは、車検費用をできるだけ安くしてほしい」、です。

 

アナタの予想外だった車検費用が、それが本当に高いかどうか検証してみませんか?

 

それによって、乗り続ける車売却、下取に出す、それら分かります、決められます。

 

読み時間1分30秒です。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

車検費用の25万円は高いのか安いのか?

車検を受ける車の年式や走行距離によって部品交換や修理が発生します。

 

それら部品交換や修理はアナタの車に必要なモノ、安全のためなので高い安いの表現は少し違うと考えます。

 

そんな部品全てに定価があって、ワザと高く設定しているのでははありません

 

車ディーラー、有名カーショップ、有名ガソリンスタンド車検では、あらかじめデータ入力された部品価格&工賃内容で見積もりされるので安心です。

 

人件費(工賃)部分は各社様々ですが、有名カーショップでの車検が一番安いと考えます。

 

アナタが受ける車検費用が適正と仮定すれば、愛車をどうしようと考えますか?

 

車検費用を支払ってでも愛車に乗り続けたいのでしょうか?

 

車検を受ける前に手放したいのでしょうか?

 

愛車を下取り査定に出して新車に乗り換えたいのでしょうか?

 

それら1つ1つ考える前に、車検での定額費用に加えどんな維持コストがあるのかお伝えします。

 

「こんなに多くのコストがぁあ」、そんなコメントが聞こえて来るかもしれません!?

車検と車維持に必要なアイテムが多すぎる!

こんなに多くの部品他が定期&不定期に交換される、それが車なんです。

 

消耗品関係、一般的な車検費用(整備や交換部品代含まず)維持費の全てを見たら驚く、、、

 

そのことは保証します!?

 

まずは消耗品の明細から確認してください。

消耗品関係の明細が多すぎる!?

自動車の消耗品名と交換時期

エンジンオイル普通車は1年、ターボは半年で交換
エンジンオイルフィルターオイル交換2回に1回交換
エアクリーナーエレメント50,000キロごとに交換
バッテリー交換セルモーターが廻りにくい時
冷却水交換2年ごと
スパークプラグ20,000キロごと
タイヤ交換タイヤ溝が1.6㎜以下 / 数年に1回
オートマオイル30,000キロごと
ブレーキフルード2年毎
ブレーキパッド(前後)40,000キロごと
ブレーキシュー40,000キロごと
ワイパーブレード1年に1回

 

普段は定期点検に出して明細をもらうだけで気にもしませんが、こんなに多くのメンテ&交換品があるんですね?

 

消耗品の次は車種ごとの車検費用を見てください。

安くなってもまだ高い車検費用とその相場

車検費用の相場

車種車検費用相場
軽自動車7万円前後
小型車9万前前後
中型車10万円前後
大型車12万円前後

 

今は車検専門店でもつぶれる時代なので、車検費用は年々下がってはいても、上記はほぼ普通にかかる金額、そうお考えください。

 

次はメンテ、車検、保険など全て含めれば、どれほどの金額になるかを簡単に計算する方法です。

車維持費の全てを知ったらモー大変!

上記の消耗品や車検を考えれば、車維持費がこんなにあるのことに驚くでしょう。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月※下記車検費用参照
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. ガソリン代(毎月の平均)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  9. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

※もしローン支払いあれば、毎月の支払額を加えればOKとなります。

 

そんな各1~9までの維持費が出そろったところで月割平均で割れば、毎月の平均維持費が判明します。

 

計算方法は各項目の税金や保険料などをカッコ内の12や24で割れば、毎月平均の金額が分かります。

 

車維持には、税金、消耗品、車検など多くの項目と関係費用が必要なのには驚くしかありません。

 

こんな多項目で費用が発生するなら、車保有者のアナタでも調べたくないかもしれませんね?

 

しかし、上記コスト知ることで車維持か手放すか判断(決断)可能になると考えます。

 

では1つ1つ、その損得を考えて行きましょう!

車検通しても愛車に乗り続けたい場合とは?

このような計算例が分かっていても、愛車に乗り続けたいと考えますか?

 

  • 車検費用25万円(部品代など含む)
  • 車検通さない査定額は50万円
  • 車検通しての査定額でも60万円には届かない

 

上記から、アナタはこれら考えるかもしれません。

 

  1. 大きな故障もしないで、働き続けてくれる車に愛着がある
  2. 気に入った車を購入するには、少なくとも100万円以上かかる
  3. 新たな車を購入するより愛車を維持し続けることを選びたい

 

中古車は購入金額によって、年式&走行距離などコンディションが大きく違ってきます。

 

少し不人気車で安くなっていたとしても、70万円以上かかるかもしれまさえん。

 

それら現実や愛着も含め、お金に余裕がない場合は現行車に乗り続ける(トラブルがなければ)のは良い判断と考えます。

 

でも、現実に車売却をしたい場合は何位をどう考えれば良いのでしょうか?

車売却したい場合には何をどうするのか?

上記と同条件とすれば、車検前の売却なら同じ50万円前後になります。

 

  • 車検費用25万円、
  • 車検を通さない査定は50万円、
  • 車検を通しての査定でも60万円、

 

売却予定の50万円だけで、トラブル少ない、コンディションが良い中古車を購入する、それはムズカシイと仮定しましょう。

 

そうなら、50万円を頭金にする、ローン購入することでコンディション良い車の購入が可能になります。

 

コンデションが良いことに加え、長期保証の車があればもっと使えるともなります。

 

⇒  業界最大手ガリバーサイトで長期保証で安い車を確認する【検索&利用無料】

車下取りに出すベストな時期はいつ?

愛車を新車購入の下取りにするのであれば、ベストな時期があります。

 

メーカーやディーラーの本決算時期は3月です。

 

もし、下取りが1月~3月ならメリットがあると考えます、以下;

 

  • 通常ローン金利から数%値引がある(金利キャンペーンと言われます)
  • 通常より高い価格で下取りしてくれる

 

この高い価格の下取りでは、査定ゼロの車が一律買取10万円などがあります。

 

ディーラーは3月末の本決算までに1台でも多くの車を売ることで、メーカーから販売奨励金や車卸価格の値引が実行されるので必死です。

 

つまり、下取りで損しても販売実績につなげたい、だから査定ゼロ円が数十万円に大変身する、そうなります。

 

ディーラーで一律買取10万円の下取り車(愛車)を一括査定で確認すればどうなるでしょうか?

 

もしかしたら、15万円や20万円査定になるかもしれません。

 

そうであれば、高額査定で売却するしかありません。

 

⇒ 車売却ならネット審査より高く売れる一括査定を確認する【利用無料】

 

次は、2021年のベストな下取り時期です!

3月下取りベストなら前年12月はどうなのか?

メーカーもディーラーも3月本決算でも、前年度12月セール売上に最大注力しなくてはなりません。

 

理由は、3月にいくら頑張っても無理なモノは無理、だから12月は死ぬ気で頑張る、それしかないからです。

 

従って、ディーラー車下取りにも力が入る、それに間違いありません。

 

では、何をどうして下取り額アップさせるのか?

 

こうして下さい。

 

  1. ディーラー下取り額をゲット
  2. 同時に一括査定で3社以上の査定額ゲット
  3. ディーラーと一括査定比較し、一番高いとこに売却する

 

ちなみに、一括査定は言葉通り、査定する、査定と売却は別、従って査定を受けたからと言って、売却義務は絶対にありません!

 

それは覚えておいてください。

 

⇒ 日本最大のガリバーで最終売却義務のない一括査定をチェックしてみる【利用無料】

 

次では、そんな一括査定のやり方をお伝えします。

同時一括査定の車売却方法とは?

車場売却、下取、そしてもう1つの方法があります。

 

アナタの車を数社同時に査定したもらい、一番高い価格を提示した買取業者に売却する方法です。

 

こんなやり方です。

 

  1. 一括査定業者を3社から4社を同日、同時刻に呼びます
  2. 全員同時に査定を開始し、名刺裏に査定金額を書いてもらいます。
    ※金額を口頭でのみ伝える業者もいます
  3. 後日、一番高く査定した業者へ売却します。
    ※売却しなくても構いません

 

愛車の維持ではなく手放す決意なら、1円でも高く車を売るために必要な方法の1つが同時一括査定とお考えください。

 

理由は、複数業者による同時一括査定では高額査定、普通査定、安い査定などの価格が一度で分かる、それも40~50分間という短時間だけで。

 

車査定を受けても、売る売らないは100%個人の自由です。

 

売る売らないは個人の自由に加え、次のルールは車業界で定着しています。

 

そのルールがある上で、一括査定を受けるベストタイミング含めお考えください。

 

次は、車は数週間単位で値下がり続けている、そのお話です。

車査定額は4週間毎に下がり続ける現実がある

全国には140ヵ所以上の「車オークション会場」があり、毎週稼働しています。

 

そんな中古車売買ではこんなルールがあり、車査定士達の常識です。

 

中古車価格は3~4週間単位で下がり続ける

 

車は人間と同じように!?加齢するモノなんです。

 

加齢すれば価値が下がる、安値になるのは仕方ありません。

 

ということは、世間一般で中古車に言われる「車の売り期」「車の買期」は存在しないとなります。

 

従って、4月の新入社員時期、春や夏や秋のレジャーシーズン、夏や冬のボーナス商戦の需要期だから中古車が高く売れる、それは迷信でした。

 

迷信でなければ、中古車業界の宣伝文句だったのかもしれません。

 

上シーズンに高く売れるのではなく、時期的な需給が活発になる、それだけです。

 

従って、車は月単位で値段が下がる、だから早く売る方が+の査定になる、そうご理解ください!

 

そんな毎月値下がる車でも、高値に導く方法があります。

 

それは複数の査定士に同時でも別々でも、査定をお願いすることです。

 

もし3人なら3つの査定額、4人なら4つの査定額となり、一番高い金額で売れば得しかありません。

 

⇒ 車の高額売却なら一括査定でも見積もりしてみる【利用無料】

 

そんな一括査定を受けても、売却義務は一切ありません。

 

では、まとめです。

車検費用25万円は高い安いに普通なの?:まとめ

もし私なら25万円払っても車検を受けます、愛車に乗り続けます。

 

いつか乗り替えはあっても、愛車をメンテしながら可能な限り長く乗り続けます。

 

理由は、3年落ちの愛車を購入する際に、3年後や5年後の自分と利用方法を考え抜いたからです。

 

もしアナタが愛車を手放すなら、将来の車利用&維持方法を強く深く考えることをお勧めします!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうごいざいました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー