あおり運転が少なくなるどころか増加&過激化の一途!

 

だから国は「免許取り消し」「2年以上の懲役」を法制化するぞ、そう発表しています。

 

あおり運転厳罰化が進めば、危険運転する人はいなくなるのでしょうか?

 

ナゼ、あおり運転するのでしょうか?

 

ナゼ、あおり運転被害者になるのでしょうか?

 

何がどうなれば、あおり運転での裁判に負けるのでしょうか?

 

これから何がどうなるのでしょうか?

 

1分ほどお付き合いください。

あおり運転する人の精神状態とは?

あおり運転する人が捕まってニュースになる度に映し出されるドライバー映像。

 

その映像から分かるのは2つ。

 

1つは、昔から悪そうに見える人。

 

1つは、どこにでも居る全く普通に見える人

 

そのどちらであっても、疲労が溜まって疲れているイライラしている、それらが「あおり運転の原因」になったとも考えられます。

 

あとは、それらストレスから「弱そうな一般人を痛めつけてやろう」など意図的なものもあるでしょう。

 

そんな精神状態や考えの人達であっても「あおり運転する相手は選んでいる」、それに違いありません。

 

理由は、怖そうな人が運転しているであろう「シビアな車?」へはあおり運転仕掛けないからです。

 

従って、たまたま軽に乗ってる「怖そうな人」の車をあおれば、モー大変なのは間違いありません。

 

では、どんな人達があおり運転される側になるのでしょうか?

あおり運転される被害者のタイプ

私は大型や中型の外車にマナー良く乗り続けてきたので、あおり運転された経験はゼロです。

 

では、あおり運転されるのは、どんな人&どんな運転をするドライバーなのでしょうか?

 

こうなります。

 

  1. 車初心者で流れに沿った速度で運転できない
  2. 適正な運転距離が分からず、前方の車に近寄りすぎる
  3. 車割込みでも相手ドライバーの目を見ない、アイサツしない、
  4. 車割込むまでの距離も時間も短い、ウインカー出すタイミングが悪い、
  5. 上記+気の弱そうなドライバー、若いドライバー、家族連れなどが「あおり被害」に遭う

 

私であっても、上記のどれかには腹が立つ、ムカッとするのはあります。

 

でも「運転初心者なのかな?」「まあ、マナーが悪い人もいるさ、、」、そう一瞬思うだけで終わります。

 

でも&しかし、それが疲れたドライバー、少し怖めのドライバーなら「大きなクラクション」「あおり」、そうなる可能性大と考えます。

 

そんな「あおり」を受けない為にも、上記1~5を意識しながら運転してください。

 

次は「あおりをする人」にお伝えしたいことがあります。

あおり運転するドライバーの心理とは?

私は日本や欧米で多くの車に乗ってきたので分かることがあるんです。

 

それは「日本人の運転マナーが悪すぎる」、それです。

 

  • 走行する車全体の流れで速度で運転してないドライバーが多い、
  • 前車との適切な車間距離を取らない&取れないドライバーが多い、
  • 車割込みでも、マナー知らずのドライバーが割と多い、
  • 最悪は追い越し車線を走り続けるドライバーが超多い、

 

教習所で教わった通りに「追い越し車線は、追い越し完了したら普通走行車線に戻る」でしゅ!?

 

日本の高速道路運転で気になるのは「追い越し車線を走り続ける車」「後ろから速い車が来ても道を譲らない遅い車」です。

 

私は欧米を長年走りましたが、そんな野蛮な行為、ルール違反するドライバーはあまり知りません。

 

そんなルール違反ばかりするドライバーは日本人位かも知りません。

 

ドイツのアウトバーン追い越し車線を走るポルシェターボは、後ろから200キロ以上で迫りくるVW(フィルクスワーゲン)に道を譲る、それはマナー以前に常識です。

 

アウトバーンでは、私のVWに道を譲るポルシェやBMWのMなど当たり前すぎる光景でした。

 

もし、日本でそうしないアナタが居るのなら「運転での勝ち負け意識」とか「車での縄張り意識」、それらは可能な限り捨ててください。

 

こんな書き方をすれば怒られるかもしれませんが「ケンカに勝てそうな相手だけあおる」、それは弱い人のすることです。

 

自分の気に食わない&腹が立つ運転する車があっても、軽自動車+気の弱そうな若い男性やカップルなら「あおりまくる」、、、悲しすぎます。

 

黒いベンツSに腹が立っても「追い越さない」「クラクションの小さなプっさえ鳴らせない」、、、それってどうなんでしょう?

 

私が大きな車、速い車に乗っていた時も走行マナー厳守だったので「あおり運転された経験ゼロ」でした。

 

しかし、現実は「こんな車に乗っているなら怖い奴だ」、そう思われていたから「あおり運転された経験ゼロ」、だったのかもしれません。

 

ちなみに、今のN-WGNにロードバイク2台積んで走っていると、たまにウルさ目のクラクションがある、それが上記の証拠かもです。

あおり運転の厳罰化が迫っている

あおり運転の罰則強化と法律改定は数年以内と言われてます。

 

ひょっとしたら、法律改定は来年後半かもしれません。

 

その為の下準備が着々と進行中している、そんな証拠があるんです。

 

証拠はこれらです。

 

  • 多くの自動車保険会社がドライブレコーダーレンタルを開始し始めた
  • ドライブレコーダーはもしもの交通事故を記録し、裁判では証拠として採用される

 

ご存知ですか?

 

3年少し前まで、ドライブレコーダーは交通事故の裁判証拠として認められていませんでした。

 

証拠ではなく「参考資料」程度でした。

 

しかし、去年位から自動車保険会社が「ドライブレコーダー画像」「車の位置情報」「事故が起こった日時と天候」等々を事故状況確認の資料として採用し始めました。

 

現在は裁判での参考資料から裁判証拠として採用されるまでになったんです。

 

と言うことは、あおり運転するドライバーの多くは裁判で負ける確率が高くなる。

 

裁判に負ければ免許取り消しとなり、いつか取り直さなければなりません。

 

免許再取得もですが、懲役2年以上となれば失職する、事故相手との民事裁判となれば慰謝料他で数百万円、数千万円となりアウトです!

あおり運転は止められない!?

人間は誰であっても、日々の人間関係や様々なストレスに絡めとられる、それも超短時間にです。

 

一度、ストレスの罠にはまると繰り返される、ストレスから抜け出せなくなる、そうではありませんか?

 

それは誰でも同じです、仕方ありません!

 

ストレスが貯まれば何かの原因かタイミングで精神が壊れる、どこからか「プチッではなくブチ」と切れる音がしたと同時に声を荒げて鬼の表情に大変身!

 

こんな優しい私でさえ、ベッドを空中1回転させたことがあった位ですから、アナタなら当然かもしれません!?

 

私は、そんな鬼の表情になった自分、顔が真っ赤で目が吊り上がった超怖い顔の自分を鏡で見たことがあります。

 

俺ってこんな怖い顔になるんだ」「これは俺じゃない、鬼だ悪魔だ」、真面目にそう思える程に怖い顔の自分に驚きました。

 

アナタは普通に働いている、でも疲れがストレスがどんどん貯まる、だから直ぐに切れる、それは仕方ない・・・

 

ストレスで精神が切れても、少し事が収まれば、時間が立てば正常に戻るのならまだ大丈夫です。

 

あおり運転は止められる」、そうなります。

 

だから、お願いです、、あおり運転は止めてください!

 

まとめでは、何をどうすれば優しい精神状態に戻せるのか、ストレスに耐えらるかお伝えして終わります。

あおり運転まとめ

誰であっても、働き出せばストレスだらけになる、簡単に切れやすい精神状態になるのは仕方ないのかもしれません。

 

そうであれば、酒場で飲んで笑う&歌う、ジムではストレス&怒り開放で「超重いバーベルのアップ&ダウン」でしゅ。

 

車の中では、大好きなヘビメタ聞きながらヘッドバンキング、ストレスを逃がす。

 

それらを繰り返した私だからでしょうか?

 

心も体も楽になりました。

 

バーベル110キロ程度なら何回かベンチアップできます、ロードバイクでは120キロやもっと走り続けられる体になったとさ、です。

 

息だって4分間は止められる体になりました(笑)

 

私はおあり運転しませんが、仕事ストレスをドンドン&オモイッキリ逃がさないと「周りに被害者を作る」、そう感じていました。

 

それに気付いてからは、年齢を無視したハードな運動にもトライし、いろいろとOKになりました。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で会いましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー