TV、ネット、ラジオでは、これら宣伝が目立ちます!

 

どんな車もゼロ円以上買取」※廃車等含め

 

ネットだけでおおよその価格が分かる」※おおよそがネック

 

そんな宣伝で共通に使われるキーワードがこれらです。

 

  1. 簡単ネット車査定、
  2. とにかく高く早く売れる、
  3. 電話なし、
  4. おおよその値段が分かる

 

それらどれもがあり得ない、その理由を1つ1つ検証していきます。

定価ない中古車査定はアナログシステム!

それら検証前に、この論理をお伝えします。

 

中古車には定価がありません。

 

定価が無ければ何かしら基準設定し、値段(価値)を付ける必要があります。

 

何かしらの基準とはこれらアナログシステム(加減乗除)で価値判断します。

 

  • 車種別もモデルの人気度合い(需要の有無)、
  • 年式、
  • 走行距離、
  • 色(人気色や不人気色など)、
  • 修理記録(事故含め)、
  • 全体の不具合度合い(ダメージ度合い)、
  • 販売店で必要な整備費用(保証期間と内容含む)
  • その他、販管費等

 

それら全てを加減乗除しながら「この価格なら車が売れる」、そんな計算で販売価格を決める、店で販売します。

 

つまり、定価の存在しない中古車価格(買値&売値)には詳細なアナログデータが必要になる、結果として「簡単な買取査定」はあり得ない、そうなります。

 

加えて、もしアナタに車知識(人気車かどうか、年式や走行距離等での価格感)が無ければ、高く売るどころか、交渉され安値で買取られる、それは間違いありません。

 

では、そんな簡単ネット車査定から1つ1つ確認していきましょう。

簡単ネット車査定はムズカシイ!

ネットに愛車データ入力するだけで現在の愛車値段が分かる」、そんな宣伝です。

 

確かに、一括査定に申し込めば、電話攻撃で疲れるでしょう。

 

そんな電話攻撃ない、疲れない車売却方法あるかの様に宣伝しても、これら問題があります。

 

  1. アナタがネット入力した基本車データ基準の買取価格しか判明しない
  2. もっと詳細な車査定では、査定士に車を見せることになる、
  3. 詳細な査定を受けても、提示される買取価格が高いか安いか分からない

 

結果、簡単ネット車査定とは名ばかりで、査定士に車を見せないと正式な買取価格が分からない、そうなります。

 

加えて、1人の査定士だけの買取価格提示なら、本当に高値なのかどうかも不明、そうなります。

 

買取価格が高いか安いか、それは他社の査定額と比較しなくては何も分かりません。

 

次は、こんな宣伝文句で押し切るアレです!?

とにかく高く早く売れる!?

このキャッチ宣伝は、モー大変、それしかありません。

 

宣伝中に「とにかく高く早く売れる」、それを繰り返し言い続ける、アレです。

 

どうして高く売れるのは分からないまま宣伝が終わる、だから多くの人が連絡する、そんなストーリー展開予想して制作された、そんな印象を受けます。

 

もちろん、そんな宣伝の買取業者に連絡しても問題ありません。

 

問題ないの意味は、その業者の言いなりで車を売らない、必ず他社と比較する、そうであればです。

 

上記でも書きましたが、高く車を売る必要条件は「数社の査定額を比較する」、それしかありません。

 

理由は、中古車には定価が存在しないお客を見ながら査定額提示する、だからです。

 

もっと簡単に言えば、車買取業者は可能な限り安く査定したい買取りたい、だからです。

 

次は、良くある「電話なし、電話してこない」です。

電話なしで高く売るのは不可能!

一括査定など車売却では、申し込みメール入れた途端に電話が鳴りだす、それを嫌う人が多くいます。

 

簡単に楽に車を売りたいのに、何社からも電話攻撃される、疲れる、そうなります。

 

そんな電話によるコンタクトを嫌がるユーザー多いので「電話しません」、などあってもどうでしょうか?

 

もし、電話ないままネット査定額提示だけあっても、それは「おおよその買取額」「参考程度の査定額」「信じられない程の激安もある」、そうなります。

 

従って、最終的には査定士による車診断が必要になる、アナログ方式での車査定+価格交渉、それらが必要になる、です。

 

次は「おおよその値段が分かる」です。

おおよその値段は本当の値段ではない!

おおよその値段が分かれば、次の買取段階に進めてもらえる可能性大、だから「おおよその値段」、その言葉を使うのかもしれません。

 

でも&しかし、これも高値買取してもらう、そのことにはつながりません。

 

理由は、他の買取キーワード(宣伝)と同様に「最終的には査定士に車を見せなけれっばならない」、価格交渉など含めアナログ方式に頼らざる得ないからです。

 

じゃあ、デジタル、ネットのみで簡単売却する、高値売買取などはどこでも不可能、そうなります。

 

ここ迄の結論としては「楽して儲けられない」「車の高値売却には手間と時間がかかる」、そうなります。

 

楽して車を高値売却できないのら、何をどうすれば良いのでしょうか?

 

やっと本題に入ります。

中古車の高値売却にはアナログ比較をする!

デジタル(少し簡単でも安くしか売れない)やアナログ(少しの交渉でソコソコ高く売れる)、どの車売却方法にトライしても構いません。

 

それでも、車を高く売るポイントは「いくつかの売却方法でアナログ提示された査定額を比較する」、そして「一番高い査定額のとこへ売却する」、それです。

 

車買取りネット入力だけで得られるアバウトな金額、査定額はほぼ使えません。

 

使えないとは、何をどうしても(廃車ゼロ円査定以外は)リアルな車査定を受けなければ本当の金額が分からない、だからです。

 

だから、少し手間と時間がかかっても、査定業者を呼んで査定してもらうアナログ方式を採用して下さい。

 

アナタに車知識が無くても、車を高く売るには数社を使い、提示される査定額比較する、そして希望価格に近い会社に売る、それができます。

 

次は、効果的なアナログ比較方法をお伝えします。

車を高く売るにはアナログ査定比較しかない!

アナタの車を最低1万円でも高く売る、可能なら5万円や10万円高く売る、それには複数ネット査定(仮査定)を受け入れるだけではアウトしかありません。

 

だって、そこには業者に対する「高く買え」プレッシャーが存在しないから、どうして存在しないかと言えば、ネット査定だから、その悪循環だから、そうなります。

 

それを解決するには、リアルな業者を前にする、そして昔からのアナログ査定、それらが必要です。

 

でも&しかし、買取業者と「もっと高く買取れ」交渉をする必要はありません。

 

買取業者と交渉不要な売却方法が1つだけあります。

 

こうやってください。

交渉せずに高値売却するアナログ手法!

アナログ一括査定でもネット簡単入力査定でも、それら数社にコンタクトし、査定希望を伝えます。

 

まぁあ、電話攻撃ある一括査定でも高く売るためにはコンタクトしてください、仕方ありません。

 

ここからポイントなんですが、アナタが希望する日に自宅か近隣駐車場やショッピングモール駐車場に査定(買取)業者呼んでください。

 

呼び出す日は同日の午前か午後どちらかに集中させれば、半日以内で結果が分かるのでおススメです。※無理なら査定日を分散します。

 

そこからの手順はこうなります。

 

査定士が来る度に、アナタはこう最初に伝えます。

 

  1. 本日、車査定をお願いしている会社は〇社あります。※〇=3社や5社などの数字
  2. 別の査定会社とバッティングする場合もありますのでご了承ください。
  3. 一番高く査定して頂けた会社に売却の連絡を入れます。

 

アナログ比較での最大メリットは、アナタが車素人でも、車価値を知らなくても、高値買取交渉しなくても、査定お願いした複数社の中で一番高いとこに売れる、それです。

 

そうなる理由はお分かりだと思いますが、どの査定会社、査定士であろうと「他社に買い負けしたくない」成果なし手ぶらで戻りたくない」必ず成果を出せる価格で買取ろう」そうなるからです。

 

特に、新型コロナ時期もあり買取に必死な査定士達なのは間違いありません。

 

この方法なら、アナタが1人1人の査定士と交渉する必要がありません、苦手な話をすることもありません。

 

どうですか?

 

半日か短時間で複数査定してもらえることで可能な限りの高値売却ができる、OKではありませんか?

 

参考のために、日本最大の一括査定会社のバナーを貼らせて頂きます。

 

⇒ 高値売却につながる有名一括査定会社をチェックしてみる【利用無料】

 

まとめ前に、もう1つアドバイスします。

人と話したり交渉が苦手なアナタへ

アナタが人と話すのが苦手でも、車知識が無くても、可能かなぎり車を高く売る方法をお伝えしてきました。※個人の海外オークション参加経験から学びました。

 

ふつうなら「もっと高く買取れ」、そんな交渉はアナタに限らず誰に取っても苦手&面倒なモノです。

 

車買取業者はそれをヨーーーク知っている、だから「ネット査定だけで高く売れる」、そんなウソを宣伝文句に使う訳です。

 

結果、アナタは提示される買取価格が高い、普通、激安、その何も分からないまま売却する、損をする、ザンザン、そうなります。

 

従って、今回の複数買取業者に査定させる方法は初体験であり、少し戸惑うかもしれません。

 

でも&しかし、そらが誰であっても「一度経験すれば次からは普通にできる」、「問題なくやれるようになる」、だからご安心下さい。

 

私でも、サラリーマン時代は人との会話、交渉が苦手、嫌悪でもありました。

 

でも、経験を積めば何も問題ありません。

 

問題ないどころか、生きる上でのメリットになる、です。

 

是非、今回の記事を車売却、そして購入にも生かして下さい。

 

⇒ 新型コロナの売り上げ不振で大幅値引き中の希望車をガリバーで確認してみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

簡単な車査定では高く売れない!:まとめ

個人で多くの(15台)車を所有し売却してきました。

 

その中には、ディーラー下取り、有名買取店、一括査定、知り合いに直接売却など経験しました。

 

でも&しかし、そのどれであっても(ディーラー下取り以外)苦労しました。

 

苦労の理由は、高く売りたい自分とオモイッキリ安く買取りたい業者との交渉が数時間にも及ぶことがある、だからです。

 

だから、複数買取業者を集める「アナログのオークション方式」を見つけました。

 

見つけたというよりは、海外の仕事で買い付け担当(オークション参加)をしてきた経験から学びました。

 

その経験とは「大勢が買い付けに参加すれば自然と値段が釣り上げる」「価格交渉しなくても値段が上がる」、それでした。

 

アナタも車買取オークションの主催者となってみませんか?

 

そうすれば単なるネット査定よりはるかに儲かります!?

 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー