「車を買って良かった」「車を買わないでよかった」を比較:サムネイル

車を買う必要なんてあるの?

 

アナタが独身でも既婚でも、これら車購入代金と維持費をペイさせるのは大変かもしれません。

 

  • 車購入代金(現金またはローン購入)
  • 自賠責保険、
  • 任意保険料、
  • 毎月の維持費(駐車場、ガソリン、有料道路)
  • 毎年の自動車税(5月)、
  • 2年毎の車検(新車は3年目が初車検)、
  • 不定期なメンテナンス料金(洗車や部品、オイルやタイヤ交換)、

 

アナタは「車にこんなお金と手間をかけるなんてあり得ない」、そう思いますか?

 

車購入代金除いても毎月数万円の維持管理費(年間平均)は必要になる!

 

そんな金はない」、でしょうか?

 

では、何をどうしたら、どう考えたら、そんな高コストがペイするのか、しないのか、アナタにお伝えしていきましょう!

車を買って良かった VS 買わないで良かったの分岐点とは何か?

欧米は、日本ほど公共交通機関が張り巡らされていない、だから車が一番の足となります!

 

と言うか、「100年以上も前から車が使われてた、だから車が一番の足のままでいる」、そうだとも言えます。

 

そんな足となる車なら、安全な車であるべき、そして安い維持費であるべき、それらしかありません。

 

実際にアメリカやドイツの車維持費は激安いです。※個人の長期滞在及び在住経験より

 

さらに、欧米は国土が広く平地も多いので、とても走りやすい長い直線道路も整備されています。

 

ドイツの高速アウトバーンなら走行スピード150キロや200キロでの長距離移動も全く苦になりません。

 

有事の際には飛行機が着陸できるように、何キロも長く真っすぐ伸びた道が続くアウトバーン!

 

そんな欧米の車走行距離は日本の数倍どろこか10倍でも普通であり、30万キロ、40万キロ、50万キロなんて普通、それら走行距離は平均だとお考えください。

 

では、日本での車購入がペイするかどうかの前に、ペイしないと考えられる理由を確認してみましょう。

 

  • 小さい島国に1億2千万人もの国民が生活している
  • 山間部が約75%占め、平地が約25%しかない、
  • 人や車の移動可能範囲&距離が短い、
  • 渋滞が多く、平均走行スピードが遅すぎる、
  • 道が複雑で狭すぎる※欧米比較
  • 車利用頻度に比較し維持費が高すぎる、
  • 維持費とは欧米とは比較外に高い車検、ガソリン、税金等々
  • 公共交通網が全国に張りめぐらされている、

 

上記が車購入してもペイしない理由とすれば、アナタが車購入に疑問を持つのも仕方ありません。

 

理由はこれらです。

 

  • 国産車でも輸入車でも高額である、
  • さらに税金、ガソリン、整備&車検費用が掛かりすぎる、
  • そんな車維持費用が海外比較で数倍にもなる日本、、

 

だからです。

維持費高い外車は修理部品が大きく影響する!

輸入車が高くても輸入関税0%なので、輸入元が色々と利益をゲットしている、だから高額なだけです。※個人の意見含む

 

ただし、輸入車の修理部品は現地の数倍どころか5倍、10倍もあるので要注意なんです!

 

国産車の修理部品は安いとまでは言えませんが、輸入車より大幅安なのは間違いありません。

 

突然ですが、昔、アメリカの自動車部品ショップを見ていたら、主観もあるのでしょうが、どれも激安と感じました。

 

実際に、知り合いの知り合いは、そんな激安パーツショップで部品を仕入れ日本へ送る商売をしていました。

 

では、話を戻します。

 

それでも、初めての車購入ならコストを考え国産車となります。※個人的には輸入車に魅かれますが

 

⇒ 日本最大500店舗のガリバーで故障知らず維持費安い車をチェックしてみる【検索&利用無料】

 

次に、生活地域による車の使われ方の違いを見て下さい。

都市部の生活なら車は不要なのか!?

アナタが都市部に住む若い人なら、早朝5時頃から深夜1時頃までは公共交通機関が利用できます。

 

荷物もバックパックだけなら、両手を大きくふりながら速足で歩けてしまうでしょう。

 

家と駅が近ければ、アナタが失うであろう時間は電車やバスが到着するまでの待ち時間くらいでしょうか?

 

従って、車がなくてもほぼ問題ありません。※人口少ない過疎地域は除く

 

ただし、悪天候や荷物ある時などは困ります、車が必要になります。

地方ならどうしても車が必要になる!

でも&しかし、地方なら家と駅が遠く、乗り物が来るまでの待ち時間もあり、大切な時間を使い過ぎる&無駄にする傾向があります。

 

行きは手ぶらでも、帰りに荷物を抱えるなら、モー大変状態。

 

もし、雨や雪でも降ろうものならアウトしかありません。

 

一回の外出で半日や一日の大半を使う様なら、時間がもったいない、そうなります。

 

もし外出に6時間かかれば、時間=お金なので、こんな計算をしてしまいます。

 

時間給1,000円 x 6時間 = 6,000円

 

帰りが夕方や夜になって雨でも降りだしたら、通りでタクシーなんかつかまりません、走っていません。

 

地方で車保有していなければ、大切な時間、お金、そして精神や労力まで使い果たしてしまう、です。

 

家とバス停、バス停の待ち時間、電車の待ち時間等で片道1時間半、それが車なら待ち時間ゼロ、片道30分で目的地到着でしょうか?

 

車があれば時間とお金をセーブできます。

独身から家族持ちになったら車しかない!

結婚して家族を持てば、車は必然であり、便利な道具として十分にペイする活躍をしてくれます。

 

車が個人の移動手段や移動時間短縮の道具から、家族など複数人数を同時にケアして守るペイするツールに大変身となるでしょう。

 

でも&しかし、車を持たない家族はこんな具合です。※大昔の私で経験済

 

赤ちゃんを抱えてバス停まで歩き、到着した駅の階段を登る真夏の蒸し暑い日。

 

子供が増えたら、赤ちゃんは抱っこ、歩ける子の手をひいての移動はため息モノかもしれません。

 

真面目に、真夏の車なし移動は、はぁああ、、、です。※経験者は語る

 

ベビーカーあっても、バスや電車に乗るには気を使い過ぎてお荷物でしかありません。※男性はそう考えます。

 

女性は非力でも、ベビーカーの上げ下げ&折りたたむなど日に何回も繰り返すしかありません。

 

こんな家族ケアに必要な車でも、それ位では購入費をペイさせられない、そうお考えでしょうか?

 

では、次でペイさせましょう。

ペイする車は24時間&365日いつでも待機中!

公共交通機関が少ない地域、特に移動距離長い地方なら車はペイします。

 

今のアナタの仕事選びでは、公共交通機関がカバーする範囲&時間帯に限定されていませんか?

 

車があれば隣町でも、深夜&早朝のシフト勤務でも完璧にこなせてしまうでしょう。

 

もし、2つの仕事を掛け持ちするパワーあれば、車が通勤範囲と労働時間帯を超越させてくれる、そんなパワーにもなってくれます。

 

これらを可能にする車なら、購入してもペイする、そうなりませんか?

 

それでもペイしないと考えるなら、安い中古車+維持費の少ない車=軽ワゴンとなります。

 

軽自動車は戦後の国策もあり、意図的に車両も税金も保険も車検も部品代も、全て安くなっているんです。

 

従って、軽自動車、それも中古軽が最も安く効率よく使える車のナンバーワンとなります。

 

⇒ 日本最大500店舗あるガリバーで安くて使える中古軽を確認してみる【検索&利用無料】

 

次は、車購入しない、そのことによるデメリットお伝えします。

車を購入しない不幸とは何なのか?

では、アナタが車を購入しない場合のデメリットとは何でしょうか?

 

それを一言でお伝えすれば「車を購入しない不幸」、そうなります。

 

もし、車を持たなければ、何がどう不幸なんでしょうか?

 

車を持たなければ、アナタの守備範囲&行動範囲がいつも同じで、変化に乏しい生活環境になる可能性があります。

 

変化に乏しい生活とは、様々なチャンスと巡り合う確率が大きく下がることにもつながる、そうお考え下さい。

 

アナタが独身のまま、そしてマイペースの人生を望むのであれば、それも仕方ありません。

 

でも&しかし、いつか結婚して家族を持つことを想定するのなら、あらかじめ守備範囲&行動範囲を徐々に広める、それも意図的に広める、そうすることの重要性をお伝えします。

 

アナタの生活行動範囲を10キロ、20キロ、30キロと広げるだけで、県をまたぐだけで、いつもと全く違う仕事や人間関係が現れる、それに間違いありません。

 

それは距離だけでなく、行動時間を有効に使える=短時間で広範囲を移動できる、そうなります。

 

今まで行ったことも見たこともない場所での仕事、出会い、多くの環境変化に驚くこともあるでしょう。

 

そうすることで、例えば不幸(受動態=変化がない)から幸福(能動態=変化がある)へと思考も行動も自然変化する、私はそう考えます。※私はそうしてきました。

 

⇒ 全国500店舗のガリバーで能動態変化に使える中古車チェックしてみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

「車を買って良かった」vs「車を買わないで良かった」:まとめ

今回は車を個人より家族に使う話、仕事に使う話が中心になってしまいました。

 

でも&しかし、アナタが独り住まいなら部屋で息が詰まるなどの経験ありませんか?

 

隣や上下階の部屋がウルサイ、プライベートを感じられない空間が多くある、ではありませんか?

 

もし独りの部屋で息が詰まったら、車は丁度良い逃げ場になる、それは間違いありません。※経験者は語る

 

私の逃げ場は、家から歩いて数分ほどの駐車場にある軽N-WGNターボです。

 

小さい四角形で背が高い車、予備電源を使いながらPC作業、音楽、寝る、何でも可能です。

 

まるで、男の書斎か作業場のような感じで使えるのが最高なんです!

 

週末になれば、ロードバイク2台を積んでロングツーリング!

 

アナタにも車があれば、もっと多くのメリットを感じるのかもしれませんね?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー