車は高価であり、新車なら数百万円から一千万円などよくあります。

 

昔であれば、経済も安定し収入が少しずつでも上がっていて、年収同等の車でもローンで買えました。

 

2020年の今ならどうでしょうか?

 

給料が下がることあっても上がらない、それどころか失職さえあります、有効求人倍率1倍前後なら再就職さえムズカシイ、それが現状です。

 

そんな時代に保有しても良い車は、数十万円などの中古車しかありませせん。

 

さらに数十万円の車を有効利用する、それが購入条件となる、そんなお話をします。

車と幸せな人生の組み合わせとは?

まず、我々の収入や貯金で楽に買える金額の車となります。

 

もちろん、ローン購入もあるでしょうが、どんなに長い支払いでも3年以内。

 

そして、今後どんどん下がる若しくは無くなるボーナス見込の返済計画はしない、それが車購入条件と考えます。

 

それら条件での車購入なら長く乗れます、有効利用できます、1年など短期間でペイします。

 

結果、アナタの役に立つ車、人生に寄与してくれる車、そうなります。

 

次は、どんな車が少ない費用で持ち続けられるのか、便利に使えるのかお伝えします。

税金と維持費が安く荷物が積める車を選ぶ!

そんな魔法の車は軽ワゴンターボ仕様、それしかありません。

 

もちろん、軽ではなく普通車でも数十万円の中古は多くあります。

 

でも&しかし、普通車は税金含め維持費が軽の1.2倍~1.5倍は必要になり、長く維持するのはムズカシイ、そうなります。

 

具体的に何がどう違うのかと言えば、これらです。

 

  • 毎年払う軽自動車税10,800円に対し普通車税29,500円(1,000㏄以下)、1000㏄~1,500㏄なら34,500円
    ※商用軽なら自動車税5,000円
  • 重量税も軽が一番安い
  • 自賠責保険も軽が一番安い
  • 任意保険は車両なりなので、まあまあ安い
  • 燃費は普通小型車と同等
  • タイヤやオイル交換、メンテ費用がとても安い(普通小型車比較)
  • 車検費用も軽が一番安い
  • 駐車場も軽が一番安い
  • 高速など有料道路も軽が一番安い
  • 軽ワゴンなら長四角(箱型)なので荷物がとても多く積める(普通小型車他比較)

 

もっとあるかもしれませんが、上記だけで十分すぎる程のメリットが中古軽ワゴンにある、そうなります。

 

次は、万が一での軽ワゴン利用方法です。

軽ワゴンはもしもの避難場所になる!

趣味のロードバイクで川沿いなど土手道を走り回っていると、いつも同じ場所にグレーの商用軽ワゴンが止まっています。

 

窓にはシールドあって中は見えませんが、誰か居るような気配も感じる。

 

想像するに、その場所だけじゃなく、あちこち安全な場所に車止めてそうしているのかもしれません。

 

そうです!

 

軽ワゴンなら寝れます、真夏や真冬以外なら泊まることも可能な車、それが軽ワゴンなんです。

 

個人所有のN-WGNでもロードバイク2台積めたり(前輪外した状態で)、荷室で寝れたりするので便利なのが分かります。

 

室内に凹凸がなく長四角+天井が高いので、小さい軽ワゴンでも閉塞感が小さい、荷物が多く積める、だから寝泊まり可能となるんです。

 

従って、もしもの避難場所どころか居場所になる、とも言えます。

 

次は、どうすれば軽ワゴン購入に使った数十万円をペイさせられるのか?

 

それをお伝えします。

中古軽ワゴンを有効利用する方法とは?

軽ワゴンの毎月維持費は約4万円になります。

 

約4万円は愛車の軽N-WGNターボに3年間で使った総費用(維持費)、その月平均なので使える数字と考えます。※車両購入費用含まず

 

始めの記事でお伝えした各種税金、車検、任意保険、ガソリン、駐車場、部品やオイル交換まで含め、それら総費用を3年(36ヵ月)で割り算したのが約4万円です。

 

従って、毎月約4万円 x 12ヵ月 = 48万円となり、1年間で同金額以上に有効利用できれば軽ワゴンは買いです。

 

どうやって有効利用するのか言えば車中泊ではありません。

 

それは仕事に使う、若しくは通勤に使うそうなります。

 

もし車を使った何か仕事なら、毎月15万円~20万円は稼げると考えます。※職種と地域差による

 

車を使った仕事ならガソリン代が多くかかっても、軽ターボならリッター15キロ前後なのでペイできるでしょう。

 

これが普通車なら燃費はもう少し落ちる、維持費全体が高い、だからペイするかどうかは微妙なところかもしれません。

 

もし、車を使った仕事をするのであれば、次のアドバイスをさせてください。

車にシール貼って大作戦!

近所でよく黒い軽ワゴンを見かけます。

 

車体には何やら英語でシールが貼ってある。

 

その名前を調べると個人宅配のWEBが現れました。

 

そうです。

 

昔の様に○○屋さん、それ的な名前を車に施さなくても問題ない、そんな時代になりました。

 

少し大きめ、目立つシールを車に貼ってあれば、それがWEBアドレスなら、もっと簡単にクリックしてもらえます、認識してもらえるんです。

 

もし、ご自身で何か仕事を始めるのなら、WEB作成+車にステッカー、それだけでも宣伝になります。

 

次も車大作戦のお話です。

車に荷物積んで大作戦!

昔も今の営業マンが歩きながら新規顧客開拓にいそしんでいる、そんな光景を見かけます。

 

そうやって売り歩くのが商品であれサービスであれ、営業スタイルは大きくは変わっていないようです。

 

そうであっても、車に配達用の荷物や販売商品を積んだまま営業活動すればどうなるでしょうか?

 

まずは車だから楽ちん!?、ご自身がどんな仕事をしているか簡単にお客様に見せられる、伝えられる、そうなります。

 

もし私が新規事業をするのなら、便利屋かもしれません。

 

それも高齢者や体が不自由な人達に向けてのサービスに特化します。

 

理由は、高齢者施設への入居待ちで不自由な生活を強いられている、頼みは週に数回のデイケアだけ、そんな不安な高齢者が多くいらっしゃるからです。

 

営業方法としては、デイケアセンターに出向き仕事内容を説明する、そしてデイケア会社に紹介手数料を払う、そんなシステム構築を考えます。

 

もちろん!?、初めから上手くは行きません。

 

そうであっても、デイケアセンターを変え、場所を変え、チラシ配布等々の営業活動を続ける、それがやろうとする仕事を可能にします。

 

昔の私も、業種こそ違え、営業を続けることで仕事を得られました。

 

100社以上に電話してもほとんどに断られる。、それでも毎日営業をしていました。

 

だ・か・ら・アナタも大丈夫、その論理となります。

 

⇒ 新型コロナの影響で販売不振、価格が大きさがった中古軽自動車をチェックしてみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

車と幸せな人生の組み合わせとは何か?:まとめ

2020年、これから以降の時代は雇用形態が大きく変わる、そう実感しています。

 

理由は、私の周りに居る多くが仕事変更せざる得なくなった、再就職の見込みが立たない、貯金を切り崩しながら生きるのも限界、それら聞くからです。

 

じゃあ、どんな雇用形態なのかと言えば、自営業、起業、フリーランス、そうなります。

 

昔、アメリカで取引先を探していた頃、気付いたことがありました。

 

それは「個人で1人で仕事をしている会社がとても多い」、そのことです。

 

例えば、企業を辞めた人が独立しても、企業側はその人からのオファーを受け入れる場合が多いアメリカです。

 

理由は簡単で、その人が製造する部品やサービスの質がとても高い、自社製品比較で安い、それなら取引する、そうなるからです。

 

日本なら、アマゾンだって配送コストをもっと下げたい、だから個人配送と契約をどんどん結んでいる、その論理です。

 

アナタもご自身の論理を確かめて見ては如何ですか?

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で会いましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー