自動車税早見表【経過13年重課も対応】:サムネイル

車の税金は難しすぎる&高すぎる、毎年そう感じてしまうのはアナタだけではありません。

 

ひょっとして確定申告と同じ位に大変なのかもしれません!?

 

そんな私と同じ思いのアナタに車の税金が完全一発で分かるリストを作成しました!

 

あなたに必要な部分だけ確認すればそれで全てOKです。

 

ではスタート!

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

毎年支払う自動車税早見表

毎年、春になると届く自動車税の早見表なんて「要らない」、そう聞こえそうですが、これはどうですか?

 

新車登録から13年超えたら自動車税が大幅アップになる。

 

13年過ぎたの中古車をお持ちであれば、高額な自動車税を毎年払うことになります。

 

ちなみに自動車税18年超による区分はなく、登録から18年経過で重課税になるのは「自動車重量税」です。

自家用車の自動車税(毎年払う金額)

排気量リッター新車登録から13年未満製造から13年以降
軽自動車10,80012,900
1.0以下 29,500 33,900
1.0超〜1.5以下 34,500 39,600
1.5超〜2.0以下 39,500 45,400
2.0超〜2.5以下 45,000 51,750
2.5超〜3.0以下 51,000 58,600
3.0超〜3.5以下 58,000 66,700
3.5超〜4.0以下 66,500 76,400
4.0超〜4.5以下 76,500 87,900
4.5超〜6.0以下 88,000 101,200
6.0超〜111,000127,600

 

新車登録13年超の自動車税は15%も上がってしまいます。

 

もし、これがディーゼルなら10年後から税率アップとなります。

 

計算機をたたいて見たら、年式が古くなった場合と排気量が1段階増える度に(横でも縦にでも)税率が約15%ずつ上がっています。

 

その理由は、車が重くなるほど&古くなるほどに排ガスが増えて環境汚染度する、そう勝手に理解してしまいました。

 

エコカー減税は1年に1回だけですが、自動車税は毎年5月に支払わなけれればなりません、国民の義務として。

 

そうであれば13年超の車、排気量の大きい車の税額はもったいない、そう感じませんか?

 

⇒13年超の車でも買取る査定業者を確認してみる【利用無料】

 

私は今年も10,800円を支払います!

 

アナタの税金は39,500円ほどですか?

 

大排気量の車が好きだった私は長年88,000円でしたが、4年前にN-WGNにしてから5月の税金が超楽ちんになりました。

 

N-WGNは小さくても広い荷物スペース、ターボなので高速でも坂道でも狭い林道でも走れて目からウロコ!?でした。

 

余談はこのくらいで税金に戻します。

購入時期で変わる自動車税の月割り額

普通車は購入月で自動車税が変わって行くシステムです。

 

普通車の自動車税は毎年4月1日から翌年3月31日までの12カ月間が1年分となっています。

 

従って4月購入であれば12カ月分支払、5月購入であれば11カ月分を支払うことになる制度を表にしました。

自動車購入月による自動車税額

自動車購入月
(登録月)
自動車税支払
必要月数
1.5ℓ以下の税額
34,500円の場合
4月登録12カ月分 34,500
5月11カ月分 31,625
6月10カ月分 28,750
7月9ケ月分25,875
8月8カ月分23,000
9月7ケ月分20,125
10月6カ月分17,250
11月5カ月分14,375
12月4カ月分11,500
1月(翌年)3カ月分8,625
2月2カ月分5,750
3月1カ月分2,875

 

購入月と自動車税の関係を見ていますと、一瞬、3月購入がお得?とか思ってしまいますが、5月に1年間分の自動車税請求書?が届くので何月に購入しても同じなんです。

 

軽自動車税の支払いは毎年1回だけであり、4月1日時点の車所有者が10,800円を一回支払いで全て完了です。

 

従って、5月や6月に軽自動車を購入しても軽自動車税の支払不要です。

 

そんな安い軽自動車税は国策もあり、使った方が得になる、そう個人的に感じました。

自動車税の種類と支払時期

自動車税の種類は多くても、毎年5月に必ず払う自動車税だけ知っていれば問題ありません。

 

取得税は購入時に支払うだけなので忘れてください!?

 

重量税も2年に1回の車検時だけなので、覚える必要はありません。

 

忘れてダメなのは毎年5月に支払う自動車税と軽自動車税だけです。

税金種類と支払時期

税金名支払時期他
自動車税・軽自動車税毎年4月1日時点の車所有者だけが支払う
自動車取得税車を購入した時だけ支払う
自動車重量税車の購入時と車検時に支払う

 

これだけです。

 

毎年4月下旬から5月初旬に届く税金納付書は自動車税か軽自動車税です。

自動車税の納付書を紛失した場合

自動車税の納税通知書には必ず納税証明書が切取り線でつながっているのでご注意下さい。

 

納税証明書は車検時に必ず使いますので、車検証と一緒に車ダッシュボードに入れておきましょう。

 

私事ではありますが過去に2回も紛失し、県税事務所で再発行をした経験からもう少しアドバイスさせて下さい。

自動車税納税証明書の再発行手続き

自動車税納税証の再交付は県税事務所で行い、交付機械と窓口ありますが必要書類はこれだけでした。

 

  • 自動車の登録番号(ナンバープレート)
  • 自動車車体番号の下4桁(自動車車検証で確認)

 

交付機械ならマッハのスピード(古っ)で出力されます!?

自動車税の住所変更手続き

引っ越しの場合は旧住所の県税事務所で行います。

 

変更の必要書類は1つだけです。

 

  • 自動車税住所変更届

 

では次に新車購入や車検時で必要な自動車重量税をご説明します。

あわせて知っておきたい自動車重量税

やはり自動車と税金名が付くと、どれも同じに見える&聞こえませんか?

 

「自動車重量税」は新車購入時と車検の際に支払ます。

自動車重量税早見表

車体重量新車から13年未満13年超18年超
軽自動車660076008800
〜500kg以下82001000012600
〜1000Kg以下164002000025200
〜1500Kg以下246003000037800
〜2000Kg以下328004000050400
〜2500Kg以下410005000063000
〜3000Kg以下492006000075600

 

ポイントはやはり年式が13年超と18年超で税金が値上がってしまうとこです。

 

自動車重量税は車体の重さで税率がヨコ方向(年式)にも、タテ方向(車重)にもドンドン増えて行くのが怖いと感じませんか?

 

重量税の名目は車重が重くなればなるほどに道路が減る、壊すので補修や建設に使われるです。

 

でも&しかし、登録から13年超と18年超で車重が増える訳でもないのに増税とは、ですね?

 

車にも中年太りや老年太りがあるなんて知りませんでした・・・

法改正ごとに上がる車の税金

自動車を保有することは税金、維持費で本当にコストが掛かってしまいます。

 

2019年10月1日からは消費税10%実施されました。

 

これからの車購入なら自動車税(軽自動車税)、自動車取得税、自動車重量税、10%消費税の4種類がかかってしまいます。

 

中古車保有なら、13年目以降の割増税金が自動車税、自動車重量税にドーンとかかってしまいお手上げ?

 

従って、これからの車保有なら小排気量、低燃費、少ない維持費、少ない税金の車を選ぶしかありません。

 

アナタは5月にいくらの自動車を払いますか?

 

そんな車関係の税金も含めて、この記事が読まれています。

 

参考にしてください。

 

自動車税早見表まとめ

日本は経済大国でも、長引く経済不況と高い税金+増税+社会保障削減でアウトになる、そう考えるのはアナタや私だけではありません。

 

もちろん、車関係税金の高さは、経済大国といわれる国々で日本がダントツ1位なのも間違いありません。

 

でも&しかし、日本で生きるのなら税金支払いの義務があります。

 

どうすれば良いのでしょうか?

 

こう考えます。

 

まるでペナルティのような13年超の自動車税や重量税は払わない、

 

自動車税も燃費も良い車にする、

 

中古軽自動車含め維持費用の一番安い車にする、

 

アナタはどうお考えになりますか?

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー